マーケット情報

為替・指数

  • 米ドル/円2021/4/15 04:07

    108.92

    -0.13

    (3ヵ月)

  • 豪ドル/円2021/4/15 04:07

    84.14

    0.8

    (3ヵ月)

  • 日経平均(円)2021/4/14 15:15

    29,620.99

    -130.62

    (3ヵ月)

  • NYダウ(ドル)2021/4/13

    33,677.27

    -68.13

    (3ヵ月)

最新ニュース

  • 国内株式 2021/4/14 15:17 <NQN>◇東証大引け 反落 ワクチン普及に懸念、円高も重荷
    <NQN>◇東証大引け 反落 ワクチン普及に懸念、円高も重荷
     14日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比130円62銭(0.44%)安の2万9620円99銭で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大などで経済活動の再開が遅れるとの見方が強まり、投資家心理を下向かせた。円相場が1ドル=108円台後半まで円高・ドル安に振れたのも重荷だった。

     日経平均が心理的な節目の3万円に接近していたこともあり、朝方から幅広い銘柄に利益確定売りが出た。米当局は13日に米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製コロナワクチンの使用について、血栓症を理由に一時中止を勧告。J&Jは欧州での配布を遅らせる方針を明らかにした。

     日本国内では大阪府の新規感染者が13日に初めて1000人を超えた。変異株を含め全国で感染が再拡大しており、専門家からは「第4波を迎えている」との指摘が聞かれる。経済正常化が遠いとの見方から投資家は運用リスクを避ける姿勢を強めた。

     もっとも相場の下げは限られた。ハイテク株比率の高い米ナスダック総合株価指数が前日に1%超上昇しており、東京市場でも値がさのハイテク株に買いが入り相場を下支えした。

     JPX日経インデックス400は反落。終値は前日比61.13ポイント(0.35%)安の1万7572.44だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、6.37ポイント(0.33%)安の1952.18で終えた。

     東証1部の売買代金は概算で2兆2534億円。売買高は10億3628万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1376と、全体の約6割を占めた。値上がりは739銘柄、変わらずは76銘柄だった。

     Jフロントや東電HD、郵船が安い。半面、楽天グループや富士フイルム、エプソンが上昇した。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 為替 2021/4/14 17:29 <NQN>◇外為17時 円、3日続伸 109円ちょうど近辺 対ユーロは安い
    <NQN>◇外為17時 円、3日続伸 109円ちょうど近辺 対ユーロは安い
     14日の東京外国為替市場で円相場は3日続伸した。17時時点は1ドル=109円01~02銭と、前日の同時点に比べ30銭の円高・ドル安だった。米国で新型コロナウイルスのワクチン普及の先行きに不透明感が広がったため13日の米債券市場で米長期金利が低下し、日米金利差の縮小から円買い・ドル売りが優勢だった。14日の日経平均株価が軟調に推移したことも「低リスク通貨」とされる円の買いを誘った。

     円は10時すぎに108円76銭近辺まで買われる場面もあった。9~17時の安値は109円05銭近辺で、値幅は29銭程度だった。

     円は対ユーロでは続落した。17時時点は1ユーロ=130円32~34銭と、同21銭の円安・ユーロ高だった。

     ユーロの対ドル相場は続伸した。17時時点は1ユーロ=1.1955~56ドルと、同0.0052ドルのユーロ高・ドル安だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 米国株式 2021/4/14 08:57 <IGM>米国株式 S&P最高値更新 ダウは続落 J&Jの下げが重石
    <IGM>米国株式 S&P最高値更新 ダウは続落 J&Jの下げが重石
    13日の米国株式市場の主要3指数はまちまち。ダウは続落し、前日比68.13ドル安(-0.20%)の33677.27ドルで終了。全30銘柄中、上昇は12、下落は18。米当局がこの日、ジョンソン・アンド・ジョンソン(J&J、-1.34%)のコロナワクチンについて、接種者6人が血栓症を発症したことから接種を中断するよう勧告したことが相場の重石となった。アップル(+2.43%)や航空機ボーイング(+1.5%)、顧客情報管理セールスフォース(+1.42%)は買われた。IBM(-2.53%)やスポーツ用品ナイキ(-2.27%)は軟調。
    ナスダックは反発し、同146.10ポイント高(+1.05%)の13996.09。指数に占めるウェイトが大きいハイテクが相場を押し上げた。電気自動車テスラ(+8.60%)は急伸。
    S&P500は反発し、同13.60ポイント高(+0.32%)の4141.59。全11業種中、公益、一般消費財、ITなど7業種が上昇、金融、生活必需品など4業種が下落。
       (経済指標)                              (発表値) 
    3月消費者物価指数(前年比)                   +2.6%(前回: +1.7%)
    3月コア消費者物価指数(前年比)               +1.6%(前回: +1.3%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]     
  • 欧州株式 2021/4/14 17:19 <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも小じっかりに始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも小じっかりに始まる
    14日の欧州株式市場寄り付きは、英独仏はいずれも小じっかりに始まった。13日に発表された3月の米消費者物価は市場予想を小幅上回ったものの、市場の米金融緩和政策終了時期の前倒し観測が強まることはなく、米長期金利が低下基調となったことなどが相場を下支えている。一方、米政府当局がジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの接種中断を勧告したことで、経済活動正常化の遅れへの懸念や、ユーロやポンドが対ドルで上昇していることなどが重荷となり、寄り付き後は総じて伸び悩んでいる。
    英FTSE100指数は取引開始から約1分後で0.02%高の6,891.95。現在は0.01%高の6,891.35近辺。指数構成全101銘柄中、42銘柄が値上がり、55銘柄が値下がり、4銘柄は変わらず。ゴールドマン・サックスのアナリストが評価を引き上げた資源商社のグレンコア(+2.27%)が買われているほか、鉱業のアントファガスタ(+2.16%)やアングロ・アメリカン(+1.51%)、ファッションのバーバリー・グループ(+1.65%)なども高い。一方、税引き前の通年利益が20%減少したと伝えられたスーパーのテスコ(-3.08%)が売られているほか、通信のBTグループ(-1.43%)や建設資材のファーガソン(-1.37%)なども下げている。
    独DAX30指数は前日比0.13%高の15,253.59で寄り付き、現在は0.08%安の15,222.19近辺。指数構成全30銘柄中、8銘柄が値上がり、22銘柄は値下がり。郵便のドイツポスト(-1.63%)やガス・エンジニアリングのリンデ(-1.23%)、通信のドイツテレコム(-1.22%)などが売られている。一方、第1四半期の売上増と2021年の利益見通しを引き上げたソフトウェアのSAP(+4.17%)は買われており、ポリマー等素材のコベストロ(+1.67%)や半導体のインフィニオンテクノロジーズ(+0.98%)なども上げている。
    仏CAC40指数は前日比0.49%高の6,214.49で寄り付き、現在は0.27%高の6,200.62近辺。指数構成全40銘柄中、19銘柄が値上がり、21銘柄が値下がり。中国や米国での売上回復で、第1四半期利益が大幅に増加したファッション・アパレルのLVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(+2.44%)が買われているほか、同業のエルメス・インターナショナル(+1.06%)やケリング(+1.01%)なども高い。一方、通信のオランジュ(-1.04%)や保険のアクサ(-0.80%)、電気機器のルグラン(-0.72%)などは安い。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]

重要指標カレンダー

2021年4月11日 〜 2021年4月17日
日本時間 重要度 国・地域/指標 前回 予想 結果
2021年4月13日(火)
15:00 星 月次国内総生産(GDP) 前月比 -2.9% 0.5% 0.4%
21:30 星 消費者物価指数(CPI) 前月比 0.4% 0.5% 0.6%
21:30 星 消費者物価指数(CPI) 前年同月比 1.7% 2.5% 2.6%
21:30 星 消費者物価指数(CPIコア指数) 前月比 0.1% 0.2% 0.3%
21:30 星 消費者物価指数(CPIコア指数) 前年同月比 1.3% 1.5% 1.6%
2021年4月14日(水)
11:00 星 ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利  0.25% 0.25% 0.25%
25:00 星 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言  * * *
2021年4月15日(木)
21:30 星 小売売上高 前月比 -3.0% 5.5%
21:30 星 小売売上高(除自動車) 前月比 -2.7% 4.8%
2021年4月16日(金)
11:00 星 四半期国内総生産(GDP) 前期比 2.6% 0.5%
11:00 星 四半期国内総生産(GDP) 前年同期比 6.5% 18.2%
18:00 星 消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 1.3% 1.3%
18:00 星 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) 前年同月比 0.9% 0.9%

※日経平均・TOPIX・日経JASDAQについては最低20分遅れの情報となります。9時~9時20分までは前営業日の終値が表示されます。

※香港ハンセン指数・香港ハンセンH株指数・香港ハンセンレッドチップ指数については1時間ごとの更新となります。

※その他の海外株式指数、商品指数、国債利回りは各銘柄の更新日時時点の終値です。1日1回更新されます。

情報提供: 株式会社野村総合研究所、株式会社QUICK  本コンテンツに関する利用に関する注意事項・免責事項はこちらをご覧ください。