マーケット情報

為替・指数

  • 米ドル/円2019/07/17 15:36

    108.17‐108.18

    -0.07

    (3ヵ月)

  • 豪ドル/円2019/07/17 15:36

    75.77‐75.83

    -0.09

    (3ヵ月)

  • 日経平均(円)2019/07/17 15:15

    21,469.18

    -66.07

    (3ヵ月)

  • NYダウ(ドル)2019/07/16

    27,335.63

    -23.53

    (3ヵ月)

最新ニュース

  • 国内株式 2019/07/17 14:17 <NQN>◇東証14時 膠着 「小売りなど内需物色にも慎重な見方」の声
    <NQN>◇東証14時 膠着 「小売りなど内需物色にも慎重な見方」の声
     17日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比60円ほど安い2万1400円台半ばで膠着感を強めている。新たな取引材料に欠け、持ち高を一方向に傾ける動きが限られている。「国内外の短期筋による値幅取り狙いの売買が中心で、日米で発表が本格化する主要企業の決算を見極めたいとして年金基金などの中長期志向の機関投資家が動いていない」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)という。午後の日経平均の値幅は約40円にとどまっている。

     気温低下の影響で6月の既存店売上高が減収となったJフロントに売りが優勢となったほか、セブン&アイが午後にこの日の安値をつけるなど、業種別東証株価指数(TOPIX)では小売株の下げも目立つ。市場では「冷夏の影響で夏場の消費が抑えられるほか、10月の消費増税も控えて内需株の物色にも慎重な見方が強まりつつある」(国内証券ストラテジスト)との声が聞かれた。

     14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2522億円、売買高は7億881万株だった。

     テルモや武田が下げ幅を広げている。ファストリやソフトバンクグループ(SBG)も下落している。一方、積ハウスは上げ幅を拡大。ダイキンや第一三共が高い。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 為替 2019/07/17 14:21 <NQN>◇外為14時 円、108円台前半で小動き 英ポンドは根強い先安観
    <NQN>◇外為14時 円、108円台前半で小動き 英ポンドは根強い先安観
     17日午後の東京外国為替市場で円相場はやや安い水準で小幅な動きとなっている。14時時点は1ドル=108円19~20銭と前日17時時点に比べ13銭の円安・ドル高だった。午後は目新しい取引材料に乏しく、相場に明確な方向感は出ていない。

     前日16日の海外市場では英ポンドが急落した。英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」への警戒感から、対ドルで一時1ポンド=1.2399ドル近辺と2017年4月以来の安値を付けた。足元ではいったん下げ止まっているものの、市場では「年初の(相場が短時間で急激に動いた)『フラッシュクラッシュ』時の安値(1.24ドル台半ば)を割り込み、節目が当面は見当たらない。しばらくは下値模索になりそう」(国内銀行のディーラー)との声がある。

     ポンドは対円でも前日に1ポンド=133円98銭近辺と1月初旬以来のポンド安水準を付けていた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 米国株式 2019/07/17 09:13 <IGM>米国株式  反落 原油相場の急落が重石 ウェルズ・ファーゴが軟調
    <IGM>米国株式  反落 原油相場の急落が重石 ウェルズ・ファーゴが軟調
    16日の米国株式市場の主要3指数は揃って下落。ダウは5日ぶり小反落で、前日比23.53ドル安(-0.09%)の27335.63ドルで終了。全30銘柄中、上昇は10、下落は20。原油相場の急落が重石となり、利益確定売りが強まった。半導体インテル(-1.90%)やヘルスケアのジョンソン・アンド・ジョンソン(-1.64%)、石油エクソン(-1.49%)が下げを主導した。第2四半期の利益が予想を上回った銀行JPモルガン(+1.07%)は買われた。
    ナスダックは3日ぶりに反落し、同35.38ポイント安(-0.43%)の8222.79。運輸が2%上昇したものの、ハイテクやバイオの下げが重石となった。
    S&P500は6日ぶりに反落し、前日比10.26ポイント安(-0.34%)の3004.04。全11業種中、資本財、素材など3業種が上昇、エネルギー、IT、公益など8業種が下落。銀行ウェルズ・ファーゴ(-3.01%)は軟調。この日発表した第2四半期の決算は予想を上回ったものの、純金利マージンの低下が嫌気された。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    6月小売売上高(前月比)                        +0.4%(前回: +0.4%)
    6月鉱工業生産(前月比)                         0.0%(前回: +0.4%)
    6月設備稼働率                                77.9%(前回: 78.1%)
  • 欧州株式 2019/07/17 07:44 <IGM>欧州株式 好決算や航空株高で幅広く続伸
    <IGM>欧州株式 好決算や航空株高で幅広く続伸
    16日の欧州株式市場では、英バーバリーと米大手銀の好決算、過剰な航空運航能力の緩和期待などで、英独仏株が続伸した。
    英FTSE100は続伸し、前日比45.48ポイント(0.60%)高の7577.20で引けた。全101銘柄中、上昇は73銘柄、下落は26銘柄、2銘柄は変わらずであった。高級アパレルのバーバリー(+14.39%)は2018年8月末以来の水準に急伸した。中国の景気減速にもかかわらず、好調な既存店売上高を発表するとともに、通期の業績見通しを維持したことが好感された。教育ピアソン(+3.40%)は2月以来の高値を更新した。大学向け教科書を低コストのデジタル方式に移行することもあり、JPモルガンが目標株価を引き上げた。観光トゥイ(+2.72%)、鉱業アントファガスタ(+2.65%)も堅調。航空インターナショナル・エアラインズ・グループ(+2.57%)は、同業他社がボーイングの737MAX機納入がさらに遅れると報じたことで、運航能力の過剰状態が解消され、収益改善につながるとの楽観論が浮上した。一方、オンライン不動産ライトムーブ(-2.58%)は、UBSの目標株価引き下げを嫌気した。自動車販売オート・トレーダー・グループ(-1.82%)は、JPモルガンの目標株価引き上げにもかかわらず、下落した。
    独DAX30は続伸し、同+43.63ポイント(0.35%)高の12430.97で引けた。30銘柄中、上昇は20銘柄、下落は8銘柄、2銘柄は変わらずであった。ドイツ銀行(+4.33%)は、JPモルガンなど米大手銀の決算を好感した。航空ルフトハンザ(+2.62%)、ハイデルベルクセメント(+1.60%)も堅調。医薬品バイエル(+0.77%)は、米子会社モンサントの除草剤の発がん性に関する訴訟で賠償金が引き下げられたことを好感した。一方、電子決済ワイヤーカード(-1.80%)は相変わらず値動きが激しく、前日の上昇率トップから下落率トップに転じた。不動産のヴォノヴィア(-0.80%)も下げた。
    仏CAC40は3日続伸し、同36.17ポイント(0.65%)高の5614.38で引けた。40銘柄中、上昇は30銘柄、下落は10銘柄であった。鉄鋼アルセロールミタル(+3.97%)は連日上昇率トップとなり、建設・メディアのブイグ(+2.78%)は続伸した。建設ヴァンシ(+2.72%)はUBSの目標株価引き上げを好感した。一方、不動産投信ウニベイル・ロダムコ(-1.59%)が下落率トップとなり、タイヤのミシュラン(-1.39%)は利益確定売りで反落した。

    (経済指標)                            (発表値)
    英6月失業保険申請者・前月比             +3.80万人(5月:+2.45万人)
    ユーロ圏5月貿易収支                     +202億ユーロ(4月:+157億ユーロ)
    独7月ZEW景況感指数                      -24.5(6月:-21.1)

重要指標カレンダー

2019年07月14日 〜 2019年07月20日
日本時間 重要度 国・地域/指標 前回 予想 結果
2019年07月15日(月)
11:00 星 四半期国内総生産(GDP) 前期比 1.4% 1.5% 1.6%
11:00 星 四半期国内総生産(GDP) 前年同期比 6.4% 6.2% 6.2%
2019年07月16日(火)
21:30 星 小売売上高 前月比 0.5% 0.1% 0.4%
21:30 星 小売売上高(除自動車) 前月比 0.5% 0.1% 0.4%
26:00 星 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言  * * *
2019年07月17日(水)
18:00 星 消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 1.2% 1.2%
18:00 星 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) 前年同月比 1.1% 1.1%
2019年07月18日(木)
未定 星 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利  6.75% 6.50%
2019年07月19日(金)
8:30 星 全国消費者物価指数(CPI) 前年同月比 0.7% 0.7%
8:30 星 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) 前年同月比 0.8% 0.6%
8:30 星 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) 前年同月比 0.5% 0.5%

※日経平均・TOPIX・日経JASDAQについては最低20分遅れの情報となります。9時~9時20分までは前営業日の終値が表示されます。

※香港ハンセン指数・香港ハンセンH株指数・香港ハンセンレッドチップ指数については1時間ごとの更新となります。

※その他の海外株式指数、商品指数、国債利回りは各銘柄の更新日時時点の終値です。1日1回更新されます。

情報提供: 株式会社野村総合研究所、株式会社QUICK 本コンテンツに関する利用に関する注意事項・免責事項はこちらをご覧ください。