マーケット情報

最新ニュース

  • 2019/11/13 15:13 <NQN>◇東証大引け 反落、米中協議の期待後退 香港株安も重荷
    <NQN>◇東証大引け 反落、米中協議の期待後退 香港株安も重荷
     13日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比200円14銭(0.85%)安の2万3319円87銭で終えた。12日のトランプ米大統領の講演後に米中貿易協議への進展期待がややしぼみ、外国為替市場で円相場が一時1ドル=108円台後半まで上昇。鉄鋼など景気敏感株や値がさ株の一角に売りが出て相場を押し下げた。香港情勢の緊迫化を背景に香港ハンセン指数が再び急落すると、日経平均は下げ足を速め、一時250円安に迫った。

     トランプ大統領は中国との貿易協議について「第1段階の合意は署名が間近だ」と強調した。ただ、米中首脳会談の日時や場所について言及がなく、投資家の失望売りを誘った。前日の東京市場で講演前に短期志向の海外勢が先回り買いを入れて後場に急伸したこともあって、短期筋が先物などに損失限定の売りを出した。

     売り一巡後は下げ渋った。日本時間14日未明にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言が予定され、結果を見極めたいとして、後場は積極的な売買を見送る投資家が多かった。

     JPX日経インデックス400は5営業日ぶりに反落。終値は前日比87.40ポイント(0.57%)安の1万5180.28だった。東証株価指数(TOPIX)は7日ぶりに反落し、9.34ポイント(0.55%)安の1700.33で終えた。

     東証1部の売買代金は概算で2兆1558億円。売買高は12億1532万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1606と、全体の74.5%を占めた。値上がりは479、変わらずは68銘柄だった。

     2020年3月期の業績見通しを下方修正したJFEが大幅安。米長期金利の上昇一服を受け、T&Dや第一生命HDなど保険株の下げも目立った。ファストリや日東電、京セラなど値がさ株が下落した。住友不やエーザイ、ヤマトHDも売られた。一方、富士フイルムが大幅高。いすゞやスズキの上げも目立った。SMCや東レが上昇し、武田やユニチャームが買われた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 14:04 <NQN>◇東証14時 膠着、手がかり難 FRB議長の議会証言待ち
    <NQN>◇東証14時 膠着、手がかり難 FRB議長の議会証言待ち
     13日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は膠着。前日比210円ほど安い2万3300円台前半で推移している。新規材料に欠け、投資家の間で様子見姿勢が広がっている。日本時間14日未明にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言が予定されており、結果を見極めたいとの雰囲気も強い。

     14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4509億円、売買高は8億5966万株だった。

     クボタや旭化成が下げ幅を広げた。T&Dや第一生命など保険株が引き続き安い。JFEやヤマトHDが下落し、ファストリや日東電など値がさ株の一角が売られた。一方、富士フイルムが高い。東レや富士通が上げ幅を広げた。いすゞや武田が買われている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 12:58 <NQN>◇東証後場寄り 安値圏で推移 香港情勢を警戒
    <NQN>◇東証後場寄り 安値圏で推移 香港情勢を警戒
     13日の後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前日比200円程度安い2万3300円台前半と安値圏で推移している。緊迫する香港情勢に対する警戒感が引き続き上値を抑えている。「相場の過熱感も強く、いったん利益を確定しようとの動きが短期筋を中心に出ている」(野村証券の若生寿一エクイティ・マーケット・ストラテジスト)という。

     前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約664億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1508億円、売買高は6億9784万株だった。

     ファストリやファミマ、リクルートが安い。京セラ、テルモも売られている。一方、富士フイルムや武田、アドテストは高い。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 11:41 <NQN>◇東証前引け 反落、米中協議の期待空振りで売り 香港株安も重荷
    <NQN>◇東証前引け 反落、米中協議の期待空振りで売り 香港株安も重荷
     13日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落した。前日比216円88銭(0.92%)安の2万3303円13銭で前場を終えた。トランプ米大統領の講演後に米中貿易協議への進展期待がややしぼみ、東京外国為替市場で円相場が1ドル=108円台後半まで上昇。鉄鋼など景気敏感株や値がさ株の一角に売りが出て相場を押し下げた。香港情勢の緊迫化を背景に香港ハンセン指数が再び急落し、日経平均は下げ幅を広げた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落した。

     トランプ大統領は12日の講演で、中国との貿易協議について「第1段階の合意は署名が間近だ」と強調した。だが、米中首脳会談の日時や場所について言及がなかったことから投資家の失望売りを誘った。前日の東京市場では講演前に海外ヘッジファンドなどの短期筋が先回り買いを入れて後場に急伸したこともあって、短期筋が先物などに損失限定の売りを出した。日経平均は年初来高値圏で推移しており、目先の利益を確定する売りも出やすかった。

     前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆213億円、売買高は5億9372万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1610と、全体の74.8%を占めた。値上がりは455、変わらずは86銘柄だった。

     2020年3月期の業績見通しを下方修正したJFEや日産自が安い。ファストリや日東電、京セラなど値がさ株の一角の下げも目立った。大塚HDや日立が下落し、第一生命やT&Dが売られた。一方、富士フイルムが大幅高。ユニチャームや武田の上げも目立った。いすゞやSUBARUが上昇し、富士通やソニーが買われた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 10:15 <NQN>◇東証10時 一時下げ幅拡大 短期筋が損失限定の売り
    <NQN>◇東証10時 一時下げ幅拡大 短期筋が損失限定の売り
     13日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一時下げ幅を拡大し、前日比170円ほど安い2万3300円台半ばを付けた。前日のトランプ米大統領の講演後に米中貿易協議への進展期待がややしぼみ、利益確定売りが引き続き優勢になっている。

     前日の東京市場で日経平均は後場に動意付き、上げ幅を200円に広げる場面もあった。トランプ米大統領の講演を前に海外ヘッジファンドなどの短期筋が先回り買いをしていた格好だが、「講演後はむしろ米中貿易協議への進展期待が薄れたため、短期筋が先物などに損失限定の売りを出し、現物株の下げ幅が広がった」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)という。

     10時現在の東証1部の売買代金は概算で6205億円、売買高は3億7926万株だった。

     JFEや第一生命、ファストリ、大塚HDが一段安。日産自や伊藤忠が引き続き売られている。一方、ユニチャームや武田が一段高。スズキやSUBARUも高い。富士フイルムやJR西日本が引き続き買われている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 09:19 <NQN>◇東証寄り付き 反落、下げ幅100円超 鉄鋼などに売り
    <NQN>◇東証寄り付き 反落、下げ幅100円超 鉄鋼などに売り
     13日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落して始まった。前日比の下げ幅は100円を超え、2万3400円台前半で推移している。トランプ米大統領の講演後に米中貿易協議への進展期待がややしぼみ、東京外国為替市場で円相場が1ドル=109円ちょうど近辺まで上昇した。鉄鋼など景気敏感株の一角に売りが出て相場を押し下げている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落して始まった。

     トランプ米大統領は12日の講演で、中国との貿易協議について「第1段階の合意は署名が間近だ」と強調した。ただ、米中首脳会談の日時や場所について言及がなかった。日経平均は年初来高値圏で推移しており、目先の利益を確定する売りが出やすい。

     前日に2020年3月期の連結純利益見通しを下方修正した日産自が安い。JFEや住友不の下げも目立つ。第一生命やT&Dが下落し、伊藤忠やデンソーが売られた。一方、富士フイルムが高い。SMCやユニチャームが上昇し、富士通やJR東日本が買われた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 15:31 <NQN>◇東証大引け 反発し高値更新 先物主導で後場一段高、円安も支え
    <NQN>◇東証大引け 反発し高値更新 先物主導で後場一段高、円安も支え
     12日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、大引けは前日比188円17銭(0.81%)高の2万3520円01銭だった。年初来高値を更新し、2018年10月5日以来、約1年1カ月ぶりの高い水準を付けた。円相場の下落基調や米株式相場の堅調な推移が投資家心理を上向かせた。後場中ごろから株価指数先物に断続的な買いが入り、上げ幅を210円超まで拡大する場面があった。目立った材料はなかったため、短期筋の仕掛け的な買いや売り方の買い戻しが主導したとの見方があった。

     円相場が1ドル=109円台前半まで下落し、輸出関連株を中心に買い安心感が広がった。11日の米ダウ工業株30種平均が小幅上昇ながら連日で過去最高値を更新したことも、運用リスクを取りやすい雰囲気につながった。

     日経平均は午前、小幅ながら下げに転じる場面もあった。香港では11日、民主化を求めるデモ隊に警察官が発砲し、若者が重体となるなど緊張が一段と高まった。12日にトランプ米大統領の講演を控え、発言内容を見極めたいとの雰囲気もあった。

     JPX日経インデックス400は4日続伸。終値は前日比51.71ポイント(0.34%)高の1万5267.68だった。東証株価指数(TOPIX)は6日続伸し、5.64ポイント(0.33%)高の1709.67で終えた。

     東証1部の売買代金は概算で2兆2015億円。売買高は12億5976万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1270、値下がりは787、変わらずは96だった。

     ファストリや東エレク、アドテストなど値がさ株が上昇。大塚HDやファミマ、鹿島なども上げた。一方で三井金や大平金など安い。日立や楽天も下げた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 14:11 <NQN>◇東証14時 上げ幅拡大 先物主導、ファストリなど値がさ株に買い
    <NQN>◇東証14時 上げ幅拡大 先物主導、ファストリなど値がさ株に買い
     12日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を拡大し、前日比80円ほど高い2万3400円台前半で推移している。上げ幅は一時100円に迫る場面もあった。株価指数先物が上昇したことで、ファストリなどの値がさ株に裁定取引の買いが入っている。

     日経平均先物は前日の清算値を130円上回る2万3430円まで上昇する場面があった。市場では「特に目新しい材料が出たわけではないが、香港株などが午後に落ち着きを見せ安心感が広がり、海外勢が日経平均先物に買いを入れたようだ」(国内証券のストラテジスト)との見方があった。

     14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4185億円、売買高は8億6538万株だった。

     ファストリとファミマが上昇し、2銘柄だけで日経平均を40円超押し上げている。日東電やアドテストも高い。鹿島など大手建設株も上昇。一方、三井金や住友鉱、ソフトバンクグループ(SBG)、楽天が安い。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 12:51 <NQN>◇東証後場寄り 引き続き小高い 一進一退の香港株を見極め
    <NQN>◇東証後場寄り 引き続き小高い 一進一退の香港株を見極め
     12日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は引き続き小高い。前日比40円程度高い2万3300円台後半と、前引け(2万3370円)とほぼ同水準で推移している。香港の混乱が続く中、株式市場でハンセン指数は前日比で一時下落に転じるなど、前日終値を挟んでの一進一退が続いており、動向を見極めたいとの雰囲気が強い。ただ、円相場は1ドル=109円台前半と下落基調が続いており、主力株の一角への買いが日経平均を支える構図となっている。

     前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約245億円成立した。

     12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1042億円、売買高は6億9910万株だった。

     正午に決算発表した鹿島が後場に上げ幅を拡大。大林組や清水建も高い。アドテストやアルプスアルも上昇している。味の素やソフトバンクグループ(SBG)、日立などが下落している。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 11:45 <NQN>◇東証前引け 小反発、円安基調が支え 香港警戒で上値限定
    <NQN>◇東証前引け 小反発、円安基調が支え 香港警戒で上値限定
     12日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発し、前引けは前日比38円35銭(0.16%)高の2万3370円19銭だった。円相場の下落基調や米株式相場の堅調な推移が投資家心理を支えた。半面、香港情勢を巡る警戒感から一段の上値は限られた。

     円相場が1ドル=109円台前半まで下落し、投資家心理がやや上向いた。11日の米ダウ工業株30種平均が小幅続伸ながら連日で過去最高値を更新したことも、投資家の運用リスクの選好姿勢を後押しした。

     ただ午前を通じて上値は重く、朝方は小幅ながら下げに転じる場面もあった。香港では11日に警察官が民主化を求めるデモ隊に発砲、若者が重体となるなど緊張が再び高まっている。前日に急落した香港ハンセン指数は反発して始まったが、その後は伸び悩んでおり、日経平均の重荷になった。年初来高値圏にある日本株の過熱感は強く、利益確定売りが出やすい面もあった。

     JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅ながら下落した。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9809億円、売買高は5億9287万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は936、値下がりは1128、変わらずは86だった。

     日東電やアルプスアル、コニカミノルなどが上昇した。ファミマやファストリ、コナミHD、バンナムHDも高い。一方でソフトバンクグループ(SBG)は下落。三井金や大平金、住友鉱などの下げも目立った。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 10:09 <NQN>◇東証10時 じり高 円安基調で投資心理がやや上向く
    <NQN>◇東証10時 じり高 円安基調で投資心理がやや上向く
     12日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はじり高。前日比50円ほど高い2万3300円台後半で推移している。円相場が1ドル=109円台前半と円安・ドル高基調で推移しており、投資家心理がやや上向いている。香港情勢の悪化は株式相場の重荷だが、市場では「米中協議を通じて米国が12月に予定する追加関税を見送るとの期待は根強く、押し目買い意欲は強い」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)との声があった。

     10時現在の東証1部の売買代金は概算で6093億円、売買高は3億9153万株だった。

     アルプスアルやコニカミノルが高いほか、ファミマや三越伊勢丹も上昇している。三井金は大幅安。大平金や住友鉱も安い。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 09:24 <NQN>◇東証寄り付き 小動き 米株高に香港緊迫、強弱材料が対立
    <NQN>◇東証寄り付き 小動き 米株高に香港緊迫、強弱材料が対立
     12日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前日終値(2万3331円)を挟んでの小動きとなっている。米株式相場の堅調な推移などが投資家心理の支えになる半面、香港情勢の緊迫化を懸念する声も多く、強弱材料が対立する中で散発的な売買が交錯している。

     11日の米ダウ工業株30種平均が小幅続伸にとどまったものの、終値は2万7691ドルと連日で過去最高値を更新した。国内でも運用リスクを取る姿勢がやや優勢になった。円相場が1ドル=109円程度で落ち着いた推移となっているのも支えとなった。

     日経平均は小幅ながら下げに転じる場面もあった。香港では11日、警察官が民主化を求めるデモ隊に発砲した実弾で若者が重体となるなど、情勢が再び緊迫化している。事態収束の見通しが立たず、前日に急落した香港株の動向を見極めたいとの雰囲気も強い。日本株の過熱感も強く、利益確定売りが出やすい面もある。

     JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅に下落している。

     ファミマや鹿島、コナミHDが上昇している。半面、三井金が売り気配となっているほか、住友鉱やホンダ、ブリヂストンなどが下げている。JFEや日本製鉄、ソフトバンクグループ(SBG)も安い。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 15:16 <NQN>◇東証大引け 5日ぶり反落、香港情勢に警戒感 下値は限定
    <NQN>◇東証大引け 5日ぶり反落、香港情勢に警戒感 下値は限定
     11日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに反落し、前週末比60円03銭(0.26%)安の2万3331円84銭で終えた。香港情勢への警戒感を受けて香港ハンセン指数が大幅に下落し、投資家が日本株についても運用リスクを積極的に取りにくくなった。9月の機械受注が市場予想を下回ったのを受け、設備投資動向への先行き懸念が広がったのも売りを促した。

     日経平均は10月中旬以降、ほぼ調整することなく上昇基調を強めてきた。前週末は心理的節目の2万3500円を超えるまで上昇する場面もあったが、終値では同水準を維持できなかった。短期的な上値の重さも意識され、いったん利益確定の売りを出そうとする投資家が多かったようだ。

     一方、内需株や好業績銘柄の一角には買いが入り、日経平均の下値は限定的だった。前場中ごろまでは前週末の米株式相場の上昇を支えに堅調に推移した。

     JPX日経インデックス400は3日続伸した。終値は前週末比2.55ポイント(0.02%)高の1万5215.97だった。東証株価指数(TOPIX)は5日続伸し、1.26ポイント(0.07%)高の1704.03で終えた。

     東証1部の売買代金は概算で2兆1814億円。売買高は12億4128万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は787、値上がりは1294、変わらずは72銘柄だった。

     弱い機械受注統計を受けてファナック、安川電が安い。ファストリやソフトバンクグループ(SBG)、資生堂、TDKも下落した。一方、セコムやホンダ、バンナムHDが高い。アサヒ、味の素、花王も上昇した。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 14:06 <NQN>◇東証14時 アジア株安で軟調、好業績銘柄への買いで下値限定
    <NQN>◇東証14時 アジア株安で軟調、好業績銘柄への買いで下値限定
     11日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前週末比60円ほど安い2万3300円台前半で軟調に推移している。香港をはじめアジアの株式相場の下落で投資家のリスク回避姿勢がやや強まり、利益確定売りを促している。一方、内需株の一角や好業績銘柄の上昇が支えとなり、一方的に下値を探る展開にはなっていない。

     14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆4925億円、売買高は8億8649万株だった。

     ソフトバンクグループ(SBG)、リクルート、アドテストが安い。一方、セコムやバンナムHDが高い。アサヒ、日ハムも上昇している。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 12:52 <NQN>◇東証後場寄り 引き続き安い、円強含みで輸出株に売り
    <NQN>◇東証後場寄り 引き続き安い、円強含みで輸出株に売り
     11日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は引き続き安い。前週末比50円程度安の2万3300円台半ばで推移している。香港情勢の悪化を受けた香港ハンセン指数の大幅下落が投資家心理の重荷になっている。外国為替市場で対ドルの円相場が1ドル=109円ちょうど近辺に強含んでいるのに連動した輸出株売りも見られる。一方、銀行や小売りなど内需株の一角には買いも入り、相場全体の下値を支えている。

     前引け後の東証の立会外で、国内外の大口投資家が複数の銘柄をまとめて売買する「バスケット取引」は約785億円成立した。12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1876億円、売買高は7億3111万株だった。

     ファナックやTDKが下落。スズキ、ファストリが安い。一方、KDDIや味の素、アサヒ、花王が高い。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 11:43 <NQN>◇東証前引け 反落、47円安 機械受注と香港株安が重荷
    <NQN>◇東証前引け 反落、47円安 機械受注と香港株安が重荷
     11日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前週末比47円95銭(0.20%)安の2万3343円92銭で前場を終えた。前週末までほぼ一本調子で上昇してきた反動で、利益確定売りがやや優勢となった。低調な機械受注や香港ハンセン指数の大幅下落も、日本株の上値追い意欲を低下させた。

     朝方は前週末の米株式相場の上昇を受けた買いが入ったが、節目となる2万3500円近辺を前に次第に上値の重さが意識された。寄り付き前に発表された9月の機械受注が市場予想を下回り、設備投資動向への先行き懸念が広がったのも投資家心理の重荷となった。ファナックやオークマなどが下げ幅を広げる展開となった。前場中ごろ以降は香港ハンセン指数をはじめ、アジアの株安につれて日経平均もじり安となった。

     市場では日本株について「年末に向けて上昇トレンドは維持しそうだが、足元までの急ピッチな上昇や製造業を中心に業績見通しの下方修正が相次いでいるのを踏まえると、割安感は後退しつつある」(岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジスト)との声が出ていた。

     JPX日経インデックス400は下落した。東証株価指数(TOPIX)は横ばいだった。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆529億円、売買高は6億996万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は822、値上がりは1231、変わらずは98銘柄だった。

     テルモやファストリ、アドテスト、資生堂が安い。ヤマハ、ソフトバンクグループ(SBG)が下落した。一方、セコムやホンダが高い。バンナムHD、アサヒが上昇した。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 10:05 <NQN>◇東証10時 上げ幅縮小、利益確定売りが重荷
    <NQN>◇東証10時 上げ幅縮小、利益確定売りが重荷
     11日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を縮小し、前週末比30円ほど高い2万3400円台前半で推移している。米株高や円安・ドル高基調が引き続き相場を支えているが、一段と上値を追う展開にはなっていない。前週に終値では回復できなかった2万3500円に接近する場面では利益確定売りが出やすくなっている。

     10時現在の東証1部の売買代金は概算で6601億円、売買高は4億870万株だった。

     セコム、バンナムHD、中外薬、第一三共が高い。一方、テルモ、ファストリ、ファミマが安い。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 09:13 <NQN>◇東証寄り付き 続伸、米株高好感 ホンダが大幅高
    <NQN>◇東証寄り付き 続伸、米株高好感 ホンダが大幅高
     11日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末に比べ80円ほど高い2万3400円台後半で推移している。前週末の米ダウ工業株30種平均が連日で過去最高値を更新し、投資家の強気ムードが継続して日本株の目先の先高観も維持された。外国為替市場で対ドルの円相場が1ドル=109円台前半と、多くの国内製造業の想定レートよりも円安・ドル高水準で安定しているのも支えとなっている。

     米中貿易協議を巡り、トランプ米大統領は中国との協議で発動済みの制裁関税を撤廃することに「合意していない」と述べた。一方、中国側が譲歩するかたちで何らかの合意を引き出せるとの楽観論も依然として根強い。

     JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も上昇している。ホンダが大幅高で始まった。セコム、ソフトバンクグループ(SBG)、東エレク、ダイキンも高い。一方、ファストリや資生堂、ブリヂストンが安い。

     内閣府が寄り付き前に発表した9月の機械受注統計で、民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比2.9%減と、増加を見込んでいた市場予想を下回った。ファナックが小幅に下げる場面が見られる。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/8 15:16 <NQN>◇東証大引け 4日続伸 米株高の流れ引き継ぐ 連日で高値更新
    <NQN>◇東証大引け 4日続伸 米株高の流れ引き継ぐ 連日で高値更新
     8日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら4日続伸し、前日比61円55銭(0.26%)高の2万3391円87銭で終えた。4日連続で年初来高値を更新し、2018年10月10日以来およそ1年1カ月ぶりの水準を回復した。中国商務省は7日夕、米国との貿易協議で、発動済みの追加関税を段階的に撤廃する方針で一致したと発表した。前日の米株式市場でリスクを選好する雰囲気が強まり、東京市場でも買いが先行した。ただ、中国側の見解に否定的な米高官の発言が出たことから買いの勢いは続かなかった。

     中国政府の発表を受け、日経平均は朝方に一時上げ幅を250円超に拡大。心理的節目の2万3500円を取引時間中として約1年1カ月ぶりに上回った。ただ、米国のナバロ大統領補佐官が「現時点では『第1段階』の合意条件として関税撤廃を含めることに合意はない」と米フォックスニュースのインタビューで述べたと伝わると、協議進展に対する期待感は急速にしぼんだ。同氏は対中強硬派として知られ、交渉の先行き不透明感が改めて意識されたことで日経平均は下落に転じる場面もあった。

     10月以降、景気敏感株がけん引する形で相場の戻り基調が続いていたことから短期的な過熱感を意識した利益確定売りも出やすかった。

     JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前日比28.43ポイント(0.19%)高の1万5213.42。東証株価指数(TOPIX)は4日続伸し、4.64ポイント(0.27%)高の1702.77で終えた。いずれも年初来高値を更新した。

     東証1部の売買代金は概算で3兆1255億円、売買高は16億2680万株だった。株価指数オプションの清算に伴う特別な売買があった影響で、前日よりも膨らんだ。東証1部の値上がり銘柄数は1028と、値下がりの1022銘柄と拮抗した。変わらずは103銘柄だった。

     前日に19年4~9月期決算を発表し、業績の上振れ期待が高まったテルモが大幅高となった。ソフトバンクグループ(SBG)と合わせて2銘柄で日経平均を94円押し上げた。トレンドやキリンHD、リクルートも上昇。トヨタは4年3カ月ぶりの高値を付けた。半面、ファストリや東エレク、ダイキンが下落。資生堂やバンナムHDが大幅安。ファミマも下げた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/8 14:03 <NQN>◇東証14時 膠着感強い 今晩の米株見極め
    <NQN>◇東証14時 膠着感強い 今晩の米株見極め
     8日後場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価は膠着感を強めている。前日比30円程度高い2万3300円台半ばで推移している。米中貿易協議や米株式相場の動向を見極めたいとして、週末を控える中で積極的に売買を手掛ける雰囲気には乏しい。テクニカル指標などから短期的な相場の過熱感が意識されていることも買いの手を鈍らせている。

     日経平均は、午後に入って前日終値を上回る水準を維持している。既存の追加関税の段階的な撤廃を巡っては中国側と米高官の認識に隔たりがみられたものの「『第1段階』の部分的な合意自体がご破算になったわけではなく、売り込むにも限界がある」(みずほ証券の倉持靖彦・投資情報部部長)との見方がある。

     14時現在の東証1部の売買代金は概算で2兆1998億円、売買高は11億6230万株だった。

     テルモやソフトバンクグループ(SBG)の上昇が引き続き相場の支えとなっている。トレンドやキリンHDも高い。半面、資生堂は一段安となっている。第一三共やスズキ、JALも軟調だ。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/14 08:38 <NQN>◇外為8時30分 円、続伸し108円台後半 対ユーロも上昇
    <NQN>◇外為8時30分 円、続伸し108円台後半 対ユーロも上昇
     14日早朝の東京外国為替市場で円相場は続伸して始まった。8時30分時点は1ドル=108円78~79銭と、前日17時時点に比べ28銭の円高・ドル安だった。米中貿易交渉の進展期待の後退から米長期金利が低下したことを受け、円買い・ドル売りが先行している。

     円はユーロに対しても高く始まった。8時30分時点は1ユーロ=119円75~77銭と、同27銭の円高・ユーロ安だった。対ドルと歩調をあわせて対ユーロでも円買いが入っている。

     ユーロは対ドルで横ばい圏。8時30分時点は1ユーロ=1.1008~09ドルと、同0.0003ドルのユーロ高・ドル安だった。米金利低下を受けたドル売りが対ユーロでも出ている一方、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が13日の議会証言で当面の政策金利の据え置きを示唆したため、欧州中央銀行(ECB)との緩和姿勢の違いからユーロを売る動きもみられる。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 17:29 <NQN>◇外為17時 円、反発し109円台前半 対ユーロも反発
    <NQN>◇外為17時 円、反発し109円台前半 対ユーロも反発
     13日の東京外国為替市場で円相場は反発した。17時時点は1ドル=109円05銭前後と、前日同時点に比べ18銭の円高・ドル安だった。前日のトランプ米大統領の講演を受けて米中貿易協議が進展するとの期待が後退した。投資家のリスク選好姿勢が弱まり、「低リスク通貨」とされる円は買いが優勢だった。国内輸出企業の円買い・ドル売りも入った。

     円買い一巡後の上値は重かった。日経平均株価が下落したにも関わらず円買いが進まなかったことで、持ち高調整の円売り・ドル買いが入った。

     9~17時の円の高値は108円87銭近辺、安値は109円12銭近辺で値幅は25銭程度だった。

     円は対ユーロでも反発した。17時時点は1ユーロ=120円02~04銭と、前日17時時点に比べ44銭の円高・ユーロ安だった。12日に欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事が量的緩和政策に前向きな姿勢を示したことでユーロ売りが先行した。その後、対ドルで円が売られるとユーロに対しても円売りが出て、上げ幅を縮めた。

     ユーロは対ドルで続落した。17時時点は1ユーロ=1.1006~07ドルと同0.0022ドルのユーロ安・ドル高だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 14:13 <NQN>◇外為14時 円、109円台前半で小幅な動き パウエル氏証言など控え
    <NQN>◇外為14時 円、109円台前半で小幅な動き パウエル氏証言など控え
     13日午後の東京外国為替市場で円相場は高値圏で小幅な値動きとなっている。14時時点では1ドル=109円05~06銭と前日17時時点に比べ18銭の円高・ドル安水準で推移している。東京時間では午前のうちに売買が一巡。午後は新規の材料に乏しく、日本時間夜の10月の米消費者物価指数(CPI)の発表やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を前に、投資家の様子見姿勢が強くなっている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 12:23 <NQN>◇外為12時 円、上げ幅縮小し109円台前半 ドルに買い戻し
    <NQN>◇外為12時 円、上げ幅縮小し109円台前半 ドルに買い戻し
     13日午前の東京外国為替市場で円相場は上げ幅を縮小した。12時時点では1ドル=109円04~05銭と前日17時時点に比べ19銭の円高・ドル安水準で推移している。米中貿易協議が進展するとの期待が後退し、10時頃には1ドル=108円台後半まで円高が進んだ。ただその後は日経平均株価が下落したにもかかわらず円の上値が重かったため、ドルに買い戻しが入っている。

     9~12時の円の高値は108円87銭近辺、安値は109円08銭近辺で、値幅は21銭程度だった。

     円は対ユーロでも上げ幅を縮小している。12時時点では1ユーロ=120円11~12銭と同35銭の円高・ユーロ安水準で推移している。12日に欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事が量的緩和政策に前向きな姿勢を示したことでユーロ売りが先行したが、対ドルで円が売られたためユーロに対してやや円売りが優勢になっている。

     対ドルのユーロ相場は安値圏で小幅な動き。12時時点では1ユーロ=1.1014~15ドルと同0.0014ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 10:21 <NQN>◇外為10時 円、108円台後半に上げ幅拡大 中値決済も円買い優勢
    <NQN>◇外為10時 円、108円台後半に上げ幅拡大 中値決済も円買い優勢
     13日午前の東京外国為替市場で円相場は上げ幅を広げている。10時時点では1ドル=108円93銭近辺と前日17時時点に比べ30銭の円高・ドル安水準で推移している。米中貿易協議進展の期待感が後退し、日経平均株価が反落して始まった。投資家のリスク選好姿勢が弱まり、「低リスク通貨」とされる円が買われている。

     10時前の中値決済に向けては「ドルが若干余剰」(国内銀行の為替担当者)との声が聞かれた。国内輸出企業の円買い・ドル売りも円相場を押し上げている。

     円は対ユーロでも上げ幅を拡大している。10時時点では1ユーロ=119円94~96銭と同52銭の円高・ユーロ安水準で推移している。12日に欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事が量的緩和に前向きな姿勢を示したのを受けた、円買い・ユーロ売りが先行。日本株の下落も円買いを促している。

     ユーロは対ドルでは安値圏で小動き。10時時点では1ユーロ=1.1011~12ドルと同0.0017ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。

     ニュージーランド(NZ)ドルが幅広い通貨に対して急伸している。ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)が13日、政策金利を1.00%に据え置いた。市場は利下げを予想していたため、円やドルに対してNZドルが大きく買われている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/13 08:43 <NQN>◇外為8時30分 円、反発し109円ちょうど近辺 対ユーロも高い
    <NQN>◇外為8時30分 円、反発し109円ちょうど近辺 対ユーロも高い
     13日早朝の東京外国為替市場で円相場は反発して始まった。8時30分時点では1ドル=108円97~98銭と、前日17時時点に比べ26銭の円高・ドル安水準で推移している。トランプ米大統領の講演を受けて米中貿易協議が進むとの期待感が後退し、「低リスク通貨」とされる円が買われた12日のニューヨーク市場の流れを引き継いだ。

     円はユーロに対しても反発。8時30分時点では1ユーロ=120円00銭~02銭と、同46銭の円高・ユーロ安水準で推移している。12日に欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事が量的金融緩和に前向きな発言をしたのを受けたユーロ売りが優勢になっている。

     ユーロの対ドル相場は続落している。8時30分時点では1ユーロ=1.1012~13ドルと、同0.0015ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 17:21 <NQN>◇外為17時 円、反落し109円台前半 長期金利や日本株上昇で売り
    <NQN>◇外為17時 円、反落し109円台前半 長期金利や日本株上昇で売り
     12日の東京外国為替市場で円相場は反落した。17時時点は1ドル=109円22~23銭と、前日の同時点に比べ27銭の円安・ドル高だった。米中貿易交渉の進展期待が根強く、低リスク通貨とされる円には売りが優勢だった。

     小幅安で始まった円相場は午後に入り下げ幅を拡大し、1ドル=109円29銭近辺まで売られる場面があった。財務省が12日実施した30年債入札が需要の弱さを表すものだったとの受け止めから10年債にも売りが波及し、長期金利が上昇した。先物主導で日経平均株価も午後に上げ幅を広げたことで投資家がリスク選好を進め、円売り・ドル買いを出した。円の高値は1ドル=108円99銭近辺で、値幅は30銭程度だった。

     円は対ユーロでも反落した。17時時点は1ユーロ=120円43~45銭と、同27銭の円安・ユーロ高だった。日本株の上昇にあわせた円売りが対ユーロでも出た。

     ユーロは対ドルで続落した。17時時点は1ユーロ=1.1026~27ドルと同0.0003ドルのユーロ安・ドル高だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 14:13 <NQN>◇外為14時 円、安値圏で小動き 109円台前半 米大統領講演待ち
    <NQN>◇外為14時 円、安値圏で小動き 109円台前半 米大統領講演待ち
     12日午後の東京外国為替市場で円相場は安値圏で小幅な動きとなっている。14時時点は1ドル=109円13~14銭と前日17時時点に比べ18銭の円安・ドル高だった。日経平均株価の上昇に歩調を合わせた円売りは一服した。トランプ米大統領の講演を前に投資家の様子見姿勢は強く、積極的な取引は控えられている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 12:30 <NQN>◇外為12時 円が下落、109円台前半 香港情勢には懸念も
    <NQN>◇外為12時 円が下落、109円台前半 香港情勢には懸念も
     12日午前の東京外国為替市場で円相場は下落した。12時時点は1ドル=109円14~15銭と前日17時時点に比べ19銭の円安・ドル高だった。米中貿易協議の進展期待が根強く、午前の日経平均株価が小幅に上昇し、それに歩調を合わせるように円には売りが出た。国内輸入企業による円売り・ドル買いも出た。反発して始まった香港・ハンセン指数は下げに転じるなど不安定な動きで、香港情勢への懸念は円相場を下支えしている。

     円は対ユーロでも下落した。12時時点では1ユーロ=120円36~38銭と同20銭の円安・ユーロ高だった。対ドルでの円売りが波及した。

     ユーロは対ドルで小幅に下落した。12時時点では1ユーロ=1.1028~29ドルと同0.0001ドルのユーロ安・ドル高だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 10:19 <NQN>◇外為10時 円、下げ幅拡大 109円台前半
    <NQN>◇外為10時 円、下げ幅拡大 109円台前半
     12日午前の東京外国為替市場で円相場は下げ幅を広げている。10時時点は1ドル=109円16~17銭と前日17時時点に比べ21銭の円安・ドル高だった。12日の日経平均株価が上昇しており、歩調を合わせるように円売りが出ている。10時前の中値決済については「ドルが不足していた」(国内銀行の為替担当者)との声があった。国内輸入企業による円売りが出たようだ。

     円は対ユーロでも下落幅を広げた。10時時点では1ユーロ=120円46~47銭と同30銭の円安・ユーロ高だった。対ドルでの円売りが対ユーロにも及んでいる。

     ユーロは対ドルで上昇している。10時時点は1ユーロ=1.1035~36ドルと同0.0006ドルのユーロ高・ドル安だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/12 09:00 <NQN>◇外為8時30分 円、小幅安 109円近辺 対ユーロも下落
    <NQN>◇外為8時30分 円、小幅安 109円近辺 対ユーロも下落
     12日早朝の東京外国為替市場で円相場は小幅に下落している。8時30分時点は1ドル=109円03~04銭と前日17時時点に比べ8銭の円安・ドル高だった。11日に米株式市場でダウ工業株30種平均が小幅に上昇したのを材料に「低リスク通貨」とされる円には売りが先行した。

     円は対ユーロでも下落している。8時30分時点は1ユーロ=120円30~32銭と同14銭の円安・ユーロ高だった。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が和らぎ、円売り・ユーロ買いにつながった。

     ユーロの対ドル相場は上昇している。8時30分時点は1ユーロ=1.1033~34ドルと同0.0004ドルのユーロ高・ドル安だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 17:26 <NQN>◇外為17時 円反発、108円台後半 対ユーロは1カ月ぶり高値
    <NQN>◇外為17時 円反発、108円台後半 対ユーロは1カ月ぶり高値
     11日の東京外国為替市場で円相場は反発した。17時時点は1ドル=108円95銭近辺と前週末の同時点に比べ33銭の円高・ドル安だった。香港のデモで警官が実弾を発砲したと伝わり、対立激化への警戒感から低リスク通貨の円に買いが入った。米中貿易協議への不透明感も円買いにつながった。

     11日は米国の債券や外為取引が休みのため、値動きは限られた。円の高値は108円92銭近辺、安値は109円24銭近辺で値幅は32銭程度だった。

     円は対ユーロでも反発した。17時時点は1ユーロ=120円16~18銭と同57銭の円高・ユーロ安だった。リスク回避の円買いが対ユーロにも波及し、一時は120円07銭近辺と10月中旬以来、1カ月ぶりの高値を付けた。

     ユーロは対ドルで5日続落した。17時時点は1ユーロ=1.1029~30ドルと同0.0019ドルのユーロ安・ドル高だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 14:16 <NQN>◇外為14時 円、高値圏で小動き 香港デモ懸念で一時108円台に上昇
    <NQN>◇外為14時 円、高値圏で小動き 香港デモ懸念で一時108円台に上昇
     11日午後の東京外国為替市場で円相場はきょうここまでの高値圏で小幅な動きとなっている。14時時点では1ドル=109円03~04銭と前週末17時時点に比べ25銭の円高・ドル安だった。香港のデモ隊と当局の対立激化への懸念や、日経平均株価が軟調に推移しているのを受けて一時は108円99銭近辺まで円買い・ドル売りが進んだ。もっとも、11日の米国為替市場はベテランズ・デーの祝日で休場とあって、積極的に持ち高を傾ける動きは限られている。

     内閣府が14時に発表した10月の景気ウオッチャー調査(街角景気)では、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整済み)が3カ月ぶりに悪化した。ただ、2~3カ月後を占う先行き判断指数は4カ月ぶりに上昇したため、市場では「材料視しにくい」(国内シンクタンクのエコノミスト)との声があった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 12:24 <NQN>◇外為12時 円、反発し109円ちょうど近辺 「香港デモで警察が実弾発砲」報道で
    <NQN>◇外為12時 円、反発し109円ちょうど近辺 「香港デモで警察が実弾発砲」報道で
     11日午前の東京外国為替市場で円相場は反発した。12時時点では1ドル=109円02~03銭と前週末17時時点に比べ26銭の円高・ドル安だった。香港メディアが11日朝、香港島東部で警察が若者に向け実弾を発砲したと報じた。デモ隊と当局の対立激化が意識され、「低リスク通貨」とされる円の買いを誘った。上昇して始まった日経平均株価が利益確定の売りなどで下げに転じると、歩調を合わせた円買いも入った。

     半面、国内輸入企業の円売り・ドル買いは円の上値を抑えた。11日は米国為替市場がベテランズ・デーの祝日で休場とあって、「積極的な売買は限られているようだ」(国内証券の為替ストラテジスト)との声があった。9~12時の円の高値は109円01銭近辺、安値は109円24銭近辺で値幅は23銭程度だった。

     円は対ユーロでも反発した。12時時点では1ユーロ=120円16~18銭と同57銭の円高・ユーロ安だった。対ドルでの円買いが対ユーロに波及した。

     ユーロは対ドルで続落した。12時時点では1ユーロ=1.1022~23ドルと同0.0026ドルのユーロ安・ドル高だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 10:19 <NQN>◇外為10時 円、109円台前半で上げ幅拡大 日経平均伸び悩みに歩調合わす
    <NQN>◇外為10時 円、109円台前半で上げ幅拡大 日経平均伸び悩みに歩調合わす
     11日午前の東京外国為替市場で円相場は上げ幅を広げた。10時時点では1ドル=109円12~13銭と前週末17時時点に比べ16銭の円高・ドル安だった。日経平均株価が利益確定売りなどから上げ幅を縮めたことで、歩調を合わせた円買い・ドル売りが入った。

     10時前の中値決済に向けては「ややドル不足」(国内銀行の為替担当者)との声があった。国内輸入企業による円売り・ドル買いが出て、円の上値を抑えているようだ。

     円は対ユーロでも上げ幅を広げている。10時時点では1ユーロ=120円23~25銭と同50銭の円高・ユーロ安だった。ドルに対して円が買われた流れが、対ユーロにも波及している。

     ユーロは対ドルでやや下げ幅を広げた。10時時点では1ユーロ=1.1018~19ドルと同0.0030ドルのユーロ安・ドル高だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/11 08:48 <NQN>◇外為8時30分 円、小反発し109円台前半 対ユーロも高い
    <NQN>◇外為8時30分 円、小反発し109円台前半 対ユーロも高い
     11日早朝の東京外国為替市場で円相場は小幅に反発して始まった。8時30分時点では1ドル=109円23~24銭と、前週末の17時時点に比べ5銭の円高・ドル安だった。トランプ米大統領が8日、中国との貿易協議について関税撤廃で「合意していない」と述べ、協議の先行き不透明感から円買い・ドル売りがやや優勢だった前週末のニューヨーク(NY)市場の流れを引き継いだ。

     円はユーロに対しては反発して始まった。8時30分時点では1ユーロ=120円40~42銭と、同33銭の円高・ユーロ安だった。対ドルでの円買いとユーロ売りが波及し、円買い・ユーロ売りが先行している。

     ユーロの対ドル相場はは続落して始まった。8時30分時点では1ユーロ=1.1021~22ドルと、同0.0027ドルのユーロ安・ドル高だった。米長期金利の上昇を受けて、米欧の金利差の拡大を見込んだユーロ売り・ドル買いが優勢だった8日のNY市場の流れが続いている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/8 17:12 <NQN>◇外為17時 円、反落し109円台前半 米金利上昇でドル買い
    <NQN>◇外為17時 円、反落し109円台前半 米金利上昇でドル買い
     8日の東京外国為替市場で円相場は反落した。17時時点は1ドル=109円25~26銭と、前日の同時点に比べ30銭の円安・ドル高だった。米中関係の改善期待から米長期金利の上昇傾向が強まっており、日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが優勢だった。日経平均株価の上昇が円売りを促した面もある。一時は109円41銭近辺まで下げた。

     ただ、国内輸出企業の円買いが入り、円は次第に下げ幅を縮小した。米国のナバロ大統領補佐官が「(中国との)関税撤廃に合意していない」との認識を示したと伝わったことも円の支えとなった。

     円は対ユーロでも反落した。17時時点は1ユーロ=120円73~74銭と、前日17時時点に比べ7銭の円安・ユーロ高だった。対ドルの円安と日経平均の上昇が円売り・ユーロ買いを促した。

     ユーロは対ドルで続落した。17時時点は1ユーロ=1.1049~50ドルと同0.0026ドルのユーロ安・ドル高だった。米金利の上昇傾向を受け、ユーロに対してもドルが買われた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/8 14:08 <NQN>◇外為14時 円、109円台前半で小動き 様子見姿勢強まる
    <NQN>◇外為14時 円、109円台前半で小動き 様子見姿勢強まる
     8日午後の東京外国為替市場で円相場は109円台前半で小動き。14時時点では1ドル=109円23~24銭と前日17時時点に比べ28銭の円安・ドル高水準で推移している。米中の貿易交渉進展期待を材料にした円売りが一巡し、国内輸出企業の円買い・ドル売りが相場を支えている。週末を控え様子見姿勢も強まっている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/8 12:20 <NQN>◇外為12時 円、反落し109円台前半 米中改善期待受け
    <NQN>◇外為12時 円、反落し109円台前半 米中改善期待受け
     8日午前の東京外国為替市場で円相場は反落した。12時時点では1ドル=109円22~23銭と前日17時時点に比べ27銭の円安・ドル高水準で推移している。米中関係の改善期待から7日の米金利が大きく上昇(債券価格は下落)し、日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが出た。日経平均株価が上げ幅を拡大すると円売りが加速し、1ドル=109円41銭近辺まで下げ幅を広げる場面があった。

     売り一巡後は下げ幅をやや縮小した。1ドル=109円台前半で国内輸出企業の円買い・ドル売りが入った。米国のナバロ大統領補佐官の発言が伝わったのを受け、日経平均が一時下げたのも「低リスク通貨」とされる円を支えた。9~12時の円の高値は109円15銭近辺で、値幅は26銭程度だった。

     円は対ユーロでも反落した。12時時点では1ユーロ=120円72~74銭と同6銭の円安・ユーロ高水準で推移している。

     ユーロは対ドルで続落した。12時時点では1ユーロ=1.1053ドル近辺と同0.0022ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。米金利上昇を受けたドル買いが対ユーロでも優勢になっている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/8 10:19 <NQN>◇外為10時 円、安値圏で小動き 輸出企業の買いが支え
    <NQN>◇外為10時 円、安値圏で小動き 輸出企業の買いが支え
     8日午前の東京外国為替市場で円相場は安値圏で小動き。10時時点では1ドル=109円31~32銭と前日17時時点に比べ36銭の円安・ドル高水準で推移している。8日午前に一部米メディアで「中国と合意することに非常に楽観的」との米ホワイトハウス報道官の発言が伝わった。円には売りが膨らむ場面があった。

     一方、10時前の中値決済に向けて「国内輸出企業の円買い・ドル売りがやや優勢」(国内銀行の為替売買担当者)との声がある。実需勢の円買いが相場を支えているとみられる。

     円は対ユーロでも引き続き安い。10時時点では1ユーロ=120円76~77銭と同10銭の円安・ユーロ高水準で推移している。

     ユーロは対ドルで安値圏で推移している。10時時点では1ユーロ=1.1046~47ドルと同0.0029ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 2019/11/14 09:05 <IGM>米国株式  ダウ、S&P500が最高値更新 ディズニーが大幅高
    <IGM>米国株式  ダウ、S&P500が最高値更新 ディズニーが大幅高
    13日の米国株式市場はダウとS&P500が過去最高値を更新。ダウは前日比92.10ドル高(+0.33%)の27783.59ドルで終了。全30銘柄中、上昇は14、下落は16。トランプ米大統領が12日の講演で中国と通商問題で合意出来なければ関税を引き上げると述べたことや、米中通商交渉が農産物購入を巡って暗礁に乗り上げたとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたことが重石となったが、ディズニー(+7.32%)が大幅高となり、相場を牽引した。ディズニーは13日、前日に開始した動画配信サービスの登録者数が初日で1000万を越えたと発表し、業績への期待感が強まった。コカ・コーラ(+1.35%)や日用品P&G(+1.16%)など景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄もしっかり。売上高に占める中国の割合が大きい建機キャタピラー(-1.26%)がダウの値下がり率首位。
    ナスダックは小反落し、同3.99ポイント安(-0.05%)の8482.10。運輸、銀行の下げが重石となった。
    S&P500は続伸し、同2.20ポイント高(+0.07%)の3094.04。全11業種中、公益、不動産、生活必需品など6業種が上昇、金融、エネルギーなど5業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    10月消費者物価指数(前月比)                    +0.4%(前回: 0.0%)
    10月消費者物価指数(前年比)                    +1.8%(前回:+1.7%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/13 09:07 <IGM>米国株式  ダウ横ばい ナスダックは最高値更新 トランプ講演後に失速
    <IGM>米国株式  ダウ横ばい ナスダックは最高値更新 トランプ講演後に失速
    12日の米国株式市場の主要3指数はダウが横ばい、ナスダックとS&P500は上昇。ダウは前日比変わらずの27691.49ドルで終了。全30銘柄中、上昇は16、下落は14。トランプ米大統領がこの日の講演で中国との通商合意に前向きな発言をするとの観測から、買いが先行し、ダウは7日に記録した取引時間中の最高値に迫った。しかし、トランプ大統領は講演で中国に対して慎重な姿勢を崩さなかったことから、引けにかけては失速した。ディズニー(+1.35%)や製薬メルク(+1.01%)、ドラッグストアのウォルグリーン(+0.76%)、マイクロソフト(+0.66%)が買われた。売上高に占める中国の割合が大きい建機キャタピラー(-1.12%)や航空機ボーイング(-1.11%)は下げた。
    ナスダックは反発し、同21.81ポイント高(+0.26%)の8486.09。過去最高値を更新した。指数に占めるウェイトの大きいハイテクが相場を牽引した。
    S&P500は反発し、同4.83ポイント高(+0.15%)の3091.84。取引時間中の最高値を更新する場面があった。全11業種中、ヘルスケア、素材、通信など7業種が上昇、不動産、エネルギーなど4業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    なし

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/12 09:14 <IGM>米国株式  ダウは最高値更新 ナスダックとS&Pは反落
    <IGM>米国株式  ダウは最高値更新 ナスダックとS&Pは反落
    11日の米国株式市場の主要3指数はまちまち。ダウはほぼ横ばいながら、終値としての過去最高値を更新し、前日比10.25ドル高(+0.04%)の27691.49ドルで終了。全30銘柄中、上昇は9、下落は21。トランプ米大統領が8日、対中関税の撤廃について合意していないと述べたことが重石となったが、ドラッグストアのウォルグリーン(+5.08%)と航空機ボーイング(+4.55%)が大幅高となり、ダウをサポートした。投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)はウォルグリーンに買収を提案したと報じられた。工業・事務製品3M(-1.76%)や金融ゴールドマン・サックス(-1.74%)は下げた。
    ナスダックは3日ぶりに反落し、同11.03ポイント安(-0.13%)の8464.27。通信が1%超下落し、下げを主導した。
    S&P500は4日ぶりに反落し、同6.07ポイント安(-0.20%)の3087.01。全11業種中、不動産など3業種が上昇、公益、エネルギー、ヘルスケアなど8業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    なし

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/11 08:58 <IGM>米国株式  主要3指数が最高値を更新 好決算のディズニーが牽引
    <IGM>米国株式  主要3指数が最高値を更新 好決算のディズニーが牽引
    8日の米国株式市場は主要3指数が揃って過去最高値を更新。ダウは小幅続伸し、前日比6.44ポイント高(+0.02%)の27681.24ドルで終了。全30銘柄中、上昇は19、下落は11。トランプ米大統領が対中関税の撤廃について合意していないと述べたことが重石となったものの、7-9月期決算で1株利益が予想を上回ったディズニー(+3.76%)が相場を牽引した。ジョンソン・アンド・ジョンソン(+1.19%)やドラッグストアのウォルグリーン(+0.97%)、製薬メルク(+0.86%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄がしっかり。通信ベライゾン(-1.95%)や石油エクソン(-1.90%)、航空機ボーイング(-1.77%)は下げた。
    ナスダックは続伸し、同40.79ポイント高(+0.48%)の8475.31。指数に占めるウェイトの大きいハイテクが相場を牽引した。
    S&P500は3日続伸し、同7.90ポイント高(+0.26%)の3093.08。全11業種中、ヘルスケア、IT、素材、通信など8業種が上昇、エネルギー、公益、不動産が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    11月消費者態度指数・速報値                     95.7(前回: 95.5)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/8 09:11 <IGM>米国株式  ダウ、S&P過去最高値を更新 米中追加関税撤廃への期待感で
    <IGM>米国株式  ダウ、S&P過去最高値を更新 米中追加関税撤廃への期待感で
    7日の米国株式市場はダウとS&P500が過去最高値を更新。ダウは反発し、前日比182.24ドル高(+0.66%)の27674.80ドルで終了。全30銘柄中、上昇は23、下落は7。中国商務省がこの日、米中が既存の追加関税を廃止することに過去2週間で合意したと発表し、買いが先行した。しかし、米政権内で強い反発の声があると報じられると、引けにかけては失速した。医療保険ユナイテッド・ヘルス(+2.37%)や金融ゴールドマン・サックス(+2.23%)、石油エクソン(+2.13%)、シェブロン(+1.66%)が相場を牽引した。ドラッグストアのウォルグリーン(-1.38%)やコカ・コーラ(-0.97%)、製薬ファイザー(-0.91%)、日用品P&G(-0.58%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は軒並み売りに押された。
    ナスダックは反発し、同23.88ポイント高(+0.28%)の8434.51。指数に占めるウェイトの大きいハイテクが相場を牽引した。
    S&P500は続伸し、同8.40ポイント高(+0.27%)の3085.18。全11業種中、エネルギー、金融、ITなど7業種が上昇、公益、不動産など4業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    新規失業保険申請件数(先週)                  21.1万件(前回: 21.9万件)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/7 09:04 <IGM>米国株式  まちまち 米中首脳会談の延期報道が重石 エネルギーが軟調
    <IGM>米国株式  まちまち 米中首脳会談の延期報道が重石 エネルギーが軟調
    6日の米国株式市場の主要3指数はまちまち。ダウは横ばいで、前日比0.07ドル安(0.00%)の27492.56ドルで終了。全30銘柄中、上昇は20、下落は10。5日にダウとナスダックが過去最高値を更新し、高値警戒感が燻るなか、米中通商合意の「第1段階」の署名を行う首脳会談が12月にずれ込む可能性があると米政府高官が明らかにしたことが相場の重石となった。ドラッグストアのウォルグリーン(-2.81%)や石油エクソン(-2.19%)、シェブロン(-1.67%)、航空機ボーイング(-1.14%)が下げを主導した。日用品P&G(+1.19%)や通信ベライゾン(+1.06%)、マクドナルド(+1.04%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は小じっかり推移した。
    ナスダックは4日ぶりに反落し、同24.05ポイント安(-0.29%)の8410.62。指数に占めるウェイトの大きいハイテクの下げが重石となった。
    S&P500は小反発し、同2.16ポイント高(+0.07%)の3076.78。全11業種中、ヘルスケア、生活必需品、金融など7業種が上昇、エネルギー、通信など4業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    7-9月期非農業部門労働生産性(前期比)          -0.3%(前回: +2.5%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/6 08:53 <IGM>米国株式  ダウ、ナスダック最高値更新 ディフェンシブは軟調
    <IGM>米国株式  ダウ、ナスダック最高値更新 ディフェンシブは軟調
    5日の米国株式市場の主要3指数はまちまち。ダウは小幅に3日続伸し、前日比30.52ドル高(+0.11%)の27492.63ドルで終了。連日で過去最高値を更新した。全30銘柄中、上昇は15、下落は15。米国が対中関税の一部取り下げを検討とのフィナンシャル・タイムズ紙の報道や予想を上回る10月の米ISM非製造業景気指数が相場を支援した一方、高値警戒感が重石となった。ドラッグストアのウォルグリーン(+2.62%)や航空機ボーイング(+2.05%)、石油エクソン(+1.98%)、マクドナルド(+1.87%)が買われた。製薬ファイザー(-1.45%)やメルク(-1.17%)、コカ・コーラ(-1.35%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は売りに押された。
    ナスダックも小幅に3日続伸し、同1.48ポイント高(+0.02%)の8434.68。終値としての過去最高値を更新した。
    S&P500は3日ぶりに反落し、同3.65ポイント安(-0.12%)の3074.62。全11業種中、エネルギー、金融、素材など6業種が上昇、不動産、公益、ヘルスケアなど5業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    9月貿易収支                               -525億ドル(前回: -550億ドル)
    10月ISM非製造業景気指数                         54.7(前回: 52.6)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/5 09:14 <IGM>米国株式  主要3指数が最高値更新 ディフェンシブは軟調
    <IGM>米国株式  主要3指数が最高値更新 ディフェンシブは軟調
    4日の米国株式市場は主要3指数が揃って最高値を更新。ダウは前日比114.75ドル高(+0.42%)の27462.11ドルで終了。全30銘柄中、上昇は18、下落は12。1日の終値は27347.36ドル。ロス米商務長官が中国との「第1段階」の通商合意に楽観的な見方を示したなどを受けて米中通商交渉の進展期待が強まり、投資家心理が改善した。値上がり率首位は石油シェブロン(+4.61%)。ハンガリーのMOLにアゼルバイジャンの油田を売却することで合意した。ドラッグストアのウォルグリーン(+3.96%)、石油エクソン(+2.97%)、工業・事務製品3M(+2.83%)もしっかり。日用品P&G(-3.88%)やマクドナルド(-2.72%)、コカ・コーラ(-1.41%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は売りに押された。
    ナスダックは同46.80ポイント高(+0.56%)の8433.20。指数に占めるウェイトの大きいハイテクが相場を牽引した。
    S&P500は同11.36ポイント高(+0.37%)の3078.27。全11業種中、エネルギー、資本財、金融など7業種が上昇、公益、不動産など4業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    9月製造業受注(前月比)                        -0.6%(前回: -0.1%)
    9月耐久性受注(前月比)                        -1.2%(前回: -1.1%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/1 09:08 <IGM>米国株式  反落 弱い米指標や米中通商交渉への懸念で アップルはしっかり
    <IGM>米国株式  反落 弱い米指標や米中通商交渉への懸念で アップルはしっかり
    31日の米国株式市場は主要3指数が揃って反落。ダウは前日比140.46ドル安(-0.52%)の27046.23ドルで終了。全30銘柄中、上昇は5、下落は25。この日発表された10月シカゴ購買部協会景気指数が市場予想を大きく下回ったことや、米国と包括的かつ長期的な貿易合意に達するかどうか、中国当局者が疑念を抱いているとブルームバーグが報じたことで投資家心理が悪化した。2四半期連続で増収となったアップル(+2.26%)はしっかり。工業・事務製品3M(-2.01%)やドラッグストアのウォルグリーン(-1.93%)、建機キャタピラー(-1.81%)が下げた。
    ナスダックは同11.61ポイント安(-0.14%)の8292.36。指数に占めるウェイトの大きいハイテクは買われ、指数の下げが小幅にとどまった。
    S&P500は同9.21ポイント安(-0.30%)の3037.56。公益、通信を除く全業種が下落。資本財、素材、金融の順で下げた。7-9月期決算が予想を上回ったフェイスブック(+1.81%)は買われた。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    9月個人所得(前月比)                           +0.3%(前回: +0.5%)
    9月個人支出(前月比)                           +0.2%(前回: +0.2%)
    9月コアPCE価格指数(前年比)                    +1.7%(前回: +1.8%)
    新規失業保険申請件数(先週)                  21.8万件(前回: 21.3万件)
    10月シカゴ購買部協会景気指数                    43.2(前回: 47.1)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/31 09:11 <IGM>米国株式  S&Pが最高値更新 FRBの利下げを受け GEが急伸
    <IGM>米国株式  S&Pが最高値更新 FRBの利下げを受け GEが急伸
    30日の米国株式市場は主要3指数が揃って反発し、S&P500は過去最高値を更新。ダウはは前日比115.27ドル高(+0.43%)の27186.69ドルで終了。全30銘柄中、上昇は20、下落は10。FRBは市場の予想通り政策金利を0.25%引き下げ、1.50-1.75%とした。声明で追加利下げを示唆しなかったものの、パウエルFRB議長が想定外の事態が起これば利下げを継続する意向を示したことで安心感が広がり、引けにかけて買われた。ヘルスケアのジョンソン・アンド・ジョンソン(+2.88%)やマクドナルド(+2.22%)、製薬メルク(+1.32%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄が相場を主導した。
    ナスダックは27.12ポイント安(+0.33%)の8303.97。指数に占めるウェイトの大きいハイテクが相場をサポートした。
    S&P500は9.88ポイント高(+0.33%)の3046.77ドル。全11業種中、公益、ヘルスケア、不動産、ITなど8業種が上昇、エネルギー、金融、素材が下落。好決算の総合機械ゼネラル・エレクトリック(GE、+11.47%)が急伸。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    10月ADP雇用報告(前月比)                   +12.5万人(前回: +9.3万人)
    7-9月期GDP速報値(前期比年率)                 +1.9%(前回: +2.0%)
    政策金利                                1.50-1.75%(前回: 1.75-2.00%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/30 09:06 <IGM>米国株式  反落 米中通商交渉を巡る不透明感で 
    <IGM>米国株式  反落 米中通商交渉を巡る不透明感で 
    29日の米国株式市場の主要3指数は揃って反落。ダウは3日ぶりに反落し、前日比19.30ドル安(-0.07%)の27071.42ドルで終了。全30銘柄中、上昇は11、下落は19。S&P500が前日に過去最高値を更新して高値警戒感が燻るなか、11月16-17日にチリで行われる予定の米中首脳会談で「第1段階」の合意に署名するのが難しいかもしれないとの米政策当局者の談話を受け、利益確定売りが優勢となった。アップル(-2.31%)や小売ウォルマート(-1.74%)、スポーツ用品ナイキ(-1.73%)が下げを主導した。好決算の製薬メルク(+3.53%)、ファイザー(+2.49%)はしっかり。
    ナスダックは5日ぶりに反落し、49.13ポイント安(-0.59%)の8276.85。指数に占めるウェイトの大きいハイテクの下げが重石となった。
    S&P500も5日ぶりに反落し、同2.53ポイント安(-0.08%)の3036.89。全11業種中、ヘルスケア、素材、エネルギーなど7業種が上昇、通信、ITなど4業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(前年比)    +2.03%(前回: +2.03%)
    10月消費者信頼感指数                           125.9(前回: 126.3)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/29 09:05 <IGM>米国株式  S&Pが最高値更新 米中通商交渉の進展期待で 
    <IGM>米国株式  S&Pが最高値更新 米中通商交渉の進展期待で 
    28日の米国株式市場の主要3指数は揃って上昇。ダウは続伸し、前日比132.66ドル高(+0.49%)の27090.72ドルで終了。終値として9月19日以来の高値を記録した。全30銘柄中、上昇は21、下落は9。トランプ米大統領がこの日、中国との通商協議について、「予定より早く、極めて大きな合意に署名すると予想している」と記者団に対して述べ、米中通商交渉の進展期待が強まった。マイクロソフト(+2.46%)や工業・事務製品3M(+1.79%)、金融ゴールドマン・サックス(+1.64%)、製薬ファイザー(+1.39%)が買われた。マクドナルド(-1.45%)や石油エクソン(-1.45%)は下げた。
    ナスダックは4日続伸し、同82.86ポイント高(+1.01%)の8325.98。全業種が上昇した。
    S&P500も4日続伸し、同16.87ポイント高(+0.56%)の3039.42。過去最高値を更新した。全11業種中、IT、通信、ヘルスケアなど7業種が上昇、公益、不動産など4業種が下落。宝飾品ティファニー(+31.63%)は急騰。仏LVMHが同社に対して約145億ドルで買収提案を行った
    (経済指標)                                 (発表値)   
    10月ダラス連銀製造業活動指数                   -5.1(前回: 1.5)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/28 09:07 <IGM>米国株式  上昇 米中通商交渉の進展期待で 好決算のインテルが急伸
    <IGM>米国株式  上昇 米中通商交渉の進展期待で 好決算のインテルが急伸
    25日の米国株式市場の主要3指数は揃って上昇。ダウは反発し、前日比152.53ドル高(+0.57%)の26958.06ドルで終了。全30銘柄中、上昇は20、下落は10。米中閣僚間で行った電話会談について米通商代表部(USTR)が「いくつかの分野で最終段階に近づいた」との声明を発表し、買い安心感が広がった。第3四半期の売上高と利益が予想を上回った半導体インテル(+8.10%)が急伸。建機キャタピラー(+4.39%)や工業・事務製品3M(+2.59%)もしっかり。コカ・コーラ(-1.57%)や日用品P&G(-1.23%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は売りに押された。
    ナスダックは3日続伸し、同57.32ポイント高(+0.70%)の8243.11。指数に占めるウェイトの大きいハイテクが相場を牽引した。
    S&P500も3日続伸し、同12.26ポイント高(+0.41%)の3022.55。全11業種中、IT、素材、エネルギーなど7業種が上昇、不動産、公益など4業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    10月消費者態度指数・改定値                     95.5(前回: 96.0)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/25 09:10 <IGM>米国株式  まちまち 好決算のマイクロソフトがしっかり テスラは急伸
    <IGM>米国株式  まちまち 好決算のマイクロソフトがしっかり テスラは急伸
    24日の米国株式市場の主要3指数はまちまち。ダウは小反落し、前日比28.42ドル安(-0.11%)の26805.53ドルで終了。全30銘柄中、上昇は8、下落は22。第1四半期の決算が予想を上回ったマイクロソフト(+1.97%)が買われた一方、市場予想に反して減収となった工業・事務製品3M(-4.07%)が下落し、相場の重石となった。クレジットカードのビザ(+2.83%)や総合機械ユナイテッド・テクノロジーズ(+2.52%)はしっかり。ヘルスケアのジョンソン・アンド・ジョンソン(-1.85%)やマクドナルド(-1.60%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は売りに押された。
    ナスダックは続伸し、同66.00ポイント高(+0.81%)の8185.79。指数に占めるウェイトが大きいハイテクが相場をサポートした。第3四半期が予想外の黒字となった電気自動車テスラ(+17.67%)は急伸。
    S&P500は小幅続伸し、同5.77ポイント高(+0.19%)の3010.29。全11業種中、IT、公益など6業種が上昇、通信、ヘルスケアなど5業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    9月耐久財受注(前月比)                         -1.1%(前回: +0.3%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/24 09:03 <IGM>米国株式  反発 ディフェンシブがしっかり TIは急落
    <IGM>米国株式  反発 ディフェンシブがしっかり TIは急落
    23日の米国株式市場の主要3指数は揃って反発。ダウは前日比45.85ドル高(+0.17%)の26833.95ドルで終了。全30銘柄中、上昇は19、下落は11。景気の先行き不透明感が根強いなか、製薬メルク(+1.93%)やコカ・コーラ(+1.47%)、日用品P&G(+0.67%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄が買われた。スポーツ用品ナイキ(-3.43%)やクレジットカードのアメックス(-1.79%)、ドラッグストアのウォルグリーン(-1.37%)は下げた。
    ナスダックは同15.49ポイント高(+0.19%)の8119.79。通信、工業を除く全業種が上昇した。半導体テキサス・インスツルメンツ(TI、-7.48%)は急落。第4四半期の売上高見通しが予想を下回った。
    S&P500は同8.53ポイント高(+0.28%)の3004.52。資本財、一般消費財を除く全9業種が上昇。フェイスブック(+2.09%)やグーグルの持ち株会社アルファベット(+1.31%)、アップル(+1.34%)は買われた。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    なし

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/23 09:11 <IGM>米国株式  反落 トラベラーズ、マクドナルドの下げが重石
    <IGM>米国株式  反落 トラベラーズ、マクドナルドの下げが重石
    22日の米国株式市場の主要3指数は揃って反落。ダウは前日比39.54ドル安(-0.15%)の26788.10ドルで終了。全30銘柄中、上昇は17、下落は13。21日の終値は26827.64ドル。7-9月期決算が予想を下回った保険トラベラーズ(-8.29%)やマクドナルド(-5.04%)が下げを主導した。英下院がEU離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための動議を否決し、月末に期限が迫るEU離脱を巡る不透明感が強まったことも重石となった。日用品P&G(+2.60%)や医療保険ユナイテッド・ヘルス(+2.28%)、総合機械ユナイテッド・テクノロジーズ(+2.21%)は買われた。
    ナスダックは同58.69ポイント安(-0.72%)の8104.29。21日の終値は8162.98。ハイテクの下げが重石となった。
    S&P500は同10.73ポイント安(-0.36%)の2995.99。全11業種中、エネルギー、資本財など5業種が上昇、IT、通信、一般消費財など6業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    10月リッチモンド連銀製造業指数                     8(前回: -9)
    9月中古住宅販売件数(年率換算)                538万件(前回: 550万件)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/21 09:10 <IGM>米国株式  反落 ボーイング、J&Jの下げが重石 ディフェンシブはしっかり
    <IGM>米国株式  反落 ボーイング、J&Jの下げが重石 ディフェンシブはしっかり
    18日の米国株式市場の主要3指数は揃って反落。ダウは前日比255.68ドル安(-0.95%)の26770.20ドルで終了。全30銘柄中、上昇は13、下落は16、変わらずは1。この日発表された中国の4-6月期GDPは前年比+6.0%と、統計を遡ることができる1992年以降で最も低い伸びとなったことに加え、航空機ボーイング(-6.79%)、ヘルスケアのジョンソン・アンド・ジョンソン(J&J、-6.22%)の下げが重石となった。ボーイングは墜落事故を起こした「737MAX」型機について、米連邦航空局(FAA)に対して虚偽の報告を行っていた可能性が報じられた。J&Jは微量のアスベストが検出されたベビーパウダー約3万3000個を自主回収すると発表した。コカ・コーラ(+1.84%)や通信ベライゾン(+1.06%)、製薬メルク(+1.05%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は買われた。
    ナスダックは同67.31ポイント安(-0.83%)の8089.54。指数に占めるウェイトの大きいハイテクの下げが重石となった。
    S&P500は同11.75ポイント安(-0.39%)の2986.20。全11業種中、不動産、公益など4業種が上昇、IT、通信、資本財など7業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    9月景気先行指数(前月比)                      -0.1%(前回: -0.2%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/18 09:08 <IGM>米国株式  反発 英EU離脱問題や米中通商交渉の進展期待で IBMは急落
    <IGM>米国株式  反発 英EU離脱問題や米中通商交渉の進展期待で IBMは急落
    17日の米国株式市場の主要3指数は揃って反発。ダウは前日比23.90ドル高(+0.09%)の27025.88ドルで終了。全30銘柄中、上昇は20、下落は10。英国とEUが離脱協定案の修正で合意したことや米中の要人が段階的な通商合意に前向きな発言を行ったことで買い安心感が広がった。医療保険ユナイテッド・ヘルス(+2.82%)やドラッグストアのウォルグリーン(+2.34%)、建機キャタピラー(+1.44%)が買われた。IBM(-5.52%)は大幅安。第3四半期の売上高が予想を下回った
    ナスダックは同32.66ポイント高(+0.40%)の8156.85。全業種が上昇した。
    S&P500は同8.26ポイント高(+0.28%)の2997.95。ITを除く全業種が上昇。ヘルスケア、不動産、通信、資本財の順で買われた。
    (経済指標)                                    (発表値)   
    9月住宅着工件数(年率換算)                     125.6万件(前回: 138.6万件)
    9月住宅建設許可件数(年率換算)                 138.7万件(前回: 142.5万件)
    10月フィラデルフィア連銀景況指数                    5.6(前回: 12.0)
    新規失業保険申請件数(先週)                     21.4万件(前回: 21万件)
    9月鉱工業生産(前月比)                            -0.4%(前回: +0.8%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/17 09:06 <IGM>米国株式  小反落 米中貿易戦争への懸念や弱い小売売上高が重石
    <IGM>米国株式  小反落 米中貿易戦争への懸念や弱い小売売上高が重石
    16日の米国株式市場の主要3指数は揃って小反落。ダウは前日比22.82ポイント安(-0.08%)の27001.98ドルで終了。全30銘柄中、上昇は11、下落は19。米下院で可決された「香港のデモに関する法案」について、中国政府が断固として抗議する姿勢を示し、米中貿易戦争への懸念が再燃したことに加え、米9月小売売上高が予想に反して前月から減少したことが重石となった。石油エクソン(-1.71%)、シェブロン(-1.03%)、マイクロソフト(-0.82%)が下げを主導した。景気の先行き不透明感が根強いなか、ヘルスケアのジョンソン・アンド・ジョンソン(+1.75%)やマクドナルド(+0.52%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄は底堅く推移した。
    ナスダックは同24.52ポイント安(-0.30%)の8124.18。指数に占めるウェイトが大きいハイテクの下げが重石となった。
    S&P500は同5.99ポイント安(-0.20%)の2989.69。全11業種中、一般消費財、素材など5業種が上昇、エネルギー、ITなど6業種が下落。
    (経済指標)                                 (発表値)   
    9月小売売上高(前月比)                        -0.3%(前回: +0.6%)

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/10/16 09:02 <IGM>米国株式 反発、企業業績改善を期待
    <IGM>米国株式 反発、企業業績改善を期待
    15日の米国株式市場の主要3指数は揃って反発した。医療保険会社ユナイテッドヘルス・グループ(+8.23%)がこの日発表した四半期決算が好調だったことを受けて、企業業績改善への期待が高まった。英国の欧州連合(EU)離脱交渉に関し、EUとの合意が近いと伝わったことも、投資家心理を改善した。
    ダウ工業株30種平均は反発し、前日比237.44ドル高(+0.89%)の27,024.80ドルで取引を終了。全30銘柄中、上昇は25、下落は5。ユナイテッドヘルスが上昇率首位。大手金融JPモルガン・チェース(+3.01%)や建設機械・大型エンジンメーカーのキャタピラー(+2.06%)も高い。一方、一般消費財メーカーのプロクター・アンド・ギャンブル(-2.37%)や航空機メーカー大手ボーイング(-0.59%)などは下落した。
    ナスダック総合指数も反発し、終値は同100.06ポイント高(+1.24%)の8,148.706。個別では、特殊医療品メーカーのレルマダ・セラピューティクス(+134.98%)や資源探査会社ウェストウォーター・リソーシズ(+63.85%)などが上昇。一方、エネルギー・テクノロジーのシンセシス・エナジー・システムズ(-51.03%)や蓄電池テクノロジーのアイディール・パワー(-21.05%)などは下落した。
    S&P500種指数も反発し、終値は同29.53ポイント高(+1.00%)の2,995.68。ヘルスケア、コミュニケーション・サービスなど9業種が上昇、生活必需品と公益事業の2業種は下落した。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]  
  • 2019/11/14 07:56 <IGM>欧州株式 反落、米中協議や香港情勢を嫌気
    <IGM>欧州株式 反落、米中協議や香港情勢を嫌気
    13日の欧州株式市場は反落した。12日のトランプ米大統領講演で米中貿易交渉進展の具体的な事実が明らかにならなかったことや、香港情勢の混乱を嫌気するリスク回避の動きが優勢となった。
    英FTSE100は反落し、前日比14.23ポイント(0.19%)安の7351.21で引けた。101銘柄中、上昇は41銘柄、下落は58銘柄、2銘柄は変わらずであった。メディアITV(-3.58%)は急反落した。スイスUBSと英バークレイズが目標株価を引き上げたが、半年ぶりの高値圏で利益確定売りが入った。不動産投資信託ブリティッシュ・ランド(-3.30%)は上期の減収減益で急落し、金融サービスのハーグリーブス・ランズダウン(-3.27%)も大きく下げた。資産運用セントジェームズ・プレイス(-2.62%)、中国の事業比率が高い銀行HSBC(-2.46%)と保険プルデンシャル(-2.30%)も売られた。一方、飲料コカコーラ・ヘレニック(+6.10%)は、第3四半期の売上増で大幅に続伸した。ネット専業スーパーのオカド・グループ(+5.49%)は、直近5日間の下落率が20%超に達したことで、急激に買い戻された。鉱業フレスニロ(+4.76%)は金相場の反発で大幅高となり、自動車・航空部品スミス・グループ(+3.09%)は通期の業績見通し据え置きが好感された。
    独DAX30も反落し、同53.44ポイント(0.40%)安の13230.07で引けた。30銘柄中、上昇は9銘柄、下落は21銘柄であった。ドイツ銀行(-4.44%)は年初来のプラス圏回復寸前で急反落し、素材コベストロ(-2.52%)、ハイデルベルクセメント(-2.23%)、タイヤのコンチネンタル(-2.20%)も下落した。一方、電力エーオン(+1.29%)は8月上旬以来の高値を更新し、工業ガスのリンデ(+1.21%)は米JPモルガンの目標株価引き上げで、連日の年初来高値更新となった。
    仏CAC40は3日ぶりに反落し、同12.66ポイント(0.21%)安の5907.09で引けた。40銘柄中、上昇は13銘柄、下落は26銘柄、1銘柄は変わらずであった。硝子サンゴバン(-3.50%)は、石膏ボードの米コンチネンタル・ビルディングを14億ドルで買収すると合意した。株価プラス3.5%の評価額は高めとの見方で売られた。鉄鋼アルセロールミタル(-2.39%)、自動車プジョー(-2.10%)、銀行ソシエテ・ジェネラル(-2.10%)も大きく下げた。一方、光学機器エシロールルックスオティカ(+1.88%)は年初来高値を更新し、食品ダノン(+1.48%)は4日続伸した。
    (経済指標)                              (発表値)
    英10月消費者物価指数・前年比              +1.5%(9月は+1.7%)
    英10月卸売物価指数(仕入れ)・前年比       -5.1%(9月は-3.0%)
    英10月卸売物価指数(出荷)・前年比         +0.8%(9月は+1.2%)
    独10月消費者物価指数・前年比              +0.9%(9月は+0.9%)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/13 17:33 <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも弱含みに始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも弱含みに始まる
    13日の欧州株式市場寄り付きは、英独仏いずれも弱含みに始まった。12日の講演でのトランプ米大統領の発言は、米中貿易協議の行方は依然として不透明さを抱えていることをうかがわせ、また、香港情勢の悪化懸念などから、本日の中国や日本の株式相場は下落、時間外取引で米株価指数先物も下げている状況下、欧州株の上値も重い。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.46%安の7,331.44。現在は0.44%安の7,333.14近辺。指数構成全101銘柄中、26銘柄が値上がり、72銘柄が値下がり。3銘柄は変わらず。鉄鋼のエブラズ(-1.78%)や銀行のHSBCホールディングス(-1.73%)、ネット専業スーパーのオカド・グループ(-1.54%)などが下げている。一方、住宅建設のバラット・ディベロップメンツ(+1.53%)や金市況高を受けた貴金属のポリメタル・インターナショナル(+1.21%)、自動車・航空部品のスミスグループ(+0.87%)などは買われている。
    独DAX指数は前日比0.30%安の13,244.05で寄り付き、現在は0.15%安の13,264.14近辺。指数構成全30銘柄中、10銘柄が値上がり、20銘柄は値下がり。ドイツ銀行(-2.16%)やタイヤのコンチネンタル(-1.87%)、ポリマー等素材のコベストロ(-1.03%)などが売られている。一方、前日に第4四半期業績の良好な結果で買われ、アナリストの評価引き上げを受けた半導体のインフィニオンテクノロジーズ(+0.90%)が続伸しているほか、日用品・化粧品のバイヤスドルフ(+0.57%)や航空用エンジンのMTUエアロ・エンジンズ(+0.54%)なども高い。
    仏CAC40指数は前日比0.20%安の5,908.16で寄り付き、現在は0.10%安の5,913.88近辺。指数構成全40銘柄中、13銘柄が値上がり、27銘柄が値下がり。ガラスのサンゴバン(-1.51%)や銀行のBNPパリバ(-1.08%)、ソシエテ・ジェネラル(-1.03%)などが下げている。一方、アイウェアメーカーのエシロールルックスオティカ(+1.55%)やコンサルティングのキャップジェミニ(+0.62%)、高級ファッションブランドのエルメス・インターナショナル(+0.56%)などはしっかり。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/13 07:45 <IGM>欧州株式 英独は反発、仏は2007年来の高値を連日更新
    <IGM>欧州株式 英独は反発、仏は2007年来の高値を連日更新
    12日の欧州株式市場は、英独が反発し、仏は2007年以来の高値を連日更新した。米ナスダックとS&P500がザラ場ベースで最高値を更新し、米中貿易交渉を巡る楽観論が維持されているとの見方で買いが優勢となった。
    英FTSE100は3日ぶりに反発し、前日比36.90ポイント(0.50%)高の7365.44で引けた。101銘柄中、上昇は73銘柄、下落は28銘柄であった。鉄鋼エブラズ(+4.02%)は、直近の2日間の9%強の急落でつけた2017年12月以来の安値から買い戻された。保険M&G(+3.72%)は10月21日の上場後の最高値を更新した。産業用ソフトウェアのアヴィヴァ・グループ(+3.52%)は、好決算と米JPモルガンの目標株価引き上げで、年初来上昇率が80%を超えた。通信ボーダフォン(+3.10%)は2018年12月以来の高値を更新した。通期利益見通しの引き上げに加えて、ケーブルテレビのヴァージン・メディアがモバイルネットワークのパートナーを2021年終盤にBTグループから同社に切り替えることが好感された。信用調査エクスペリアン(+2.52%)も好決算で買われた。一方、デジタル情報収集・管理DCC(-6.21%)は上半期の減益決算で大幅に続落し、鉱業フレスニロ(-4.63%)は6日続落した。ネット専業スーパーのオカド・グループ(-2.50%)は、5日間の下落率が20%を突破し、3月中旬以来の安値を更新した。
    独DAX30も3日ぶりに反発し、同85.14ポイント(0.65%)高の13283.51で引けた。30銘柄中、上昇は17銘柄、下落は12銘柄、1銘柄は変わらずであった。半導体インフィニオン・テクノロジーズ(+6.18%)は、通年利益が予想と一致するとの見通しが好感され、前日の下落率トップから5月上旬以来の水準に急反発した。郵便ドイツポスト(+3.82%)は、米インディペンデント・リサーチの目標株価引き上げで2018年5月以来の高値を更新した。重電シーメンス(+1.72%)と工業ガスのリンデ(+1.55%)は、ともに年初来高値を更新した。一方、タイヤのコンチネンタル(-3.26%)は赤字決算で急落し、素材コベストロ(-1.02%)、透析器フレゼニウス・メディカル・ケア(-0.89%)は続落した。
    仏CAC40は続伸し、同25.93ポイント(0.44%)高の5919.75と2007年7月23日以来の高値で引けた。40銘柄中、上昇は25銘柄、下落は14銘柄、1銘柄は変わらずであった。銀行クレディ・アグリコル(+2.54%)は2018年9月以来の高値を更新し、ファッションのケリング(+2.48%)は、仏BNPパリバの投資判断引き上げで、4月中旬以来の高値を更新した。半導体STマイクロエレクトロニクス(+2.13%)は、年初来上昇率が76%台を記録するとともに、2018年6月以来の高値をつけた。一方、自動車ルノー(-1.03%)、ペルノ・リカール(-0.68%)などの輸出関連株は軟調。
    (経済指標)                              (発表値)
    英10月失業保険受給申請者                  +3.3万人(9月は+1.35万人)
    独11月ZEW景況感指数                       -2.1(10月は-22.8)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/12 17:36 <IGM>欧州株式寄り付き 小じっかりに始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 小じっかりに始まる
    12日の欧州株式市場寄り付きは、英独仏いずれも小じっかりに始まった。米中貿易協議の行方は依然不透明で、香港情勢も不安材料だが、本日の中国株が上昇して引けるなど底堅く推移したことや、時間外取引で米株価指数先物も上昇していることなどが下支えになり、業績期待銘柄などに買いが入っている。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.24%高の7,345.93。現在は0.28%高の7,349.11近辺。指数構成全101銘柄中、75銘柄が値上がり、25銘柄が値下がり。1銘柄は変わらず。上半期利益が市場予想を上回った保険のアビバ(+2.49%)や同様に上半期業績が堅調であった信用調査のエクスペリアン(+2.27%)、第3四半期の広告売上が堅調であったメディアのITV(+1.88%)などが買われている。一方、上半期二けた減益のビジネスサポートのDCC(-5.67%)は大幅安。スーパーのテスコ(-1.39%)や上半期業績低調の不動産のランド・セキュリティーズ(-1.03%)などは下げている。
    独DAX指数は前日比0.34%高の13,243.53で寄り付き、現在は0.38%高の13,247.91近辺。指数構成全30銘柄中、16銘柄が値上がり、14銘柄は値下がり。第4四半期業績が増加した半導体のインフィニオンテクノロジーズ(+5.55%)が買われているほか、郵便のドイツポスト(+3.43%)やドイツ銀行(+1.75%)なども高い。一方、日用品・化粧品のバイヤスドルフ(-0.81%)やポリマー等素材のコベストロ(-0.80%)、透析器のフレゼニウス・メディカル・ケア(-0.71%)などは売られている。
    仏CAC40指数は前日比0.18%高の5,904.27で寄り付き、現在は0.18%高の5,904.21近辺。指数構成全40銘柄中、27銘柄が値上がり、13銘柄が値下がり。建設・通信のブイグ(+1.54%)や航空エンジンのサフラン(+1.26%)、ファッション・アパレルのケリング(+1.11%)などが上昇している。一方、自動車のルノー(-2.72%)や酒造のペルノリカール(-0.41%)、乳製品等食品のダノン(-0.41%)などは安い。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/12 07:51 <IGM>欧州株式 英独は続落、仏は2007年以来の高値更新
    <IGM>欧州株式 英独は続落、仏は2007年以来の高値更新
    11日の欧州株式市場は、中国関連銘柄が売られた英と独が続落したが、ハイテク株と銀行株が堅調に推移した仏は2007年以来の高値を更新した。
    英FTSE100は続落し、前週末比30.84ポイント(0.42%)安の7328.54で引けた。101銘柄中、上昇は37銘柄、下落は64銘柄であった。中国10月卸売物価指数が3年3ヶ月ぶりの低い伸びにとどまったことや、平日の香港のデモで発砲があったことを嫌気し、鉱業株を中心とする中国銘柄が下げた。一方、12月の総選挙で与党・保守党が勝利を収めるとの見方が強まり、住建などの内需関連株が買われた。ネット専業スーパーのオカド・グループ(-7.36%)は連日の下落率トップとなり、4日間で19.0%の下落率を記録した。鉄鋼エブラズ(-5.34%)は連日の下落率2位となり、2017年12月以来の安値を更新した。航空機エンジンのロールスロイス(-4.79%)はスイスUBSと仏ソシエテ・ジェネラルの目標株価引き下げで大幅に続落し、保険ヒスコックスは米モルガンスタンレーの目標株価引き下げで2017年5月以来の安値を更新した。鉱業株はグレンコア(-3.50%)の下げが目立った。一方、銀行のロイヤルバンク・オブ・スコットランド(+4.04%)とロイズ・バンキング・グループ(+4.02%)が急伸し、中国の事業比率が高い同業のスタンダード・チャータード(-1.85%)およびHSBC(-1.51%)とのパフォーマンスの違いが目立った。住建のパーシモン(+3.90%)、バークリー・グループ(+3.12%)、バラット・ディベロップメント(+2.52%)はいずれも急伸した。
    独DAX30も続落し、同30.19ポイント(0.23%)安の13198.37で引けた。30銘柄中、上昇は10銘柄、下落は20銘柄であった。半導体インフィニオン・テクノロジーズ(-1.72%)は、7日につけた5月上旬以来の高値から続落した。透析器フレゼニウス・メディカル・ケア(-1.38%)は7月中旬以来の高値から続落した。素材コベストロ(-1.18%)、日用品バイヤースドルフ(-1.12%)、重電シーメンス(-1.11%)も安い。一方、電子決済ワイヤーカード(+3.27%)は、スマート・モビリティ・ソリューションの立ち上げで蘭ヒア・モビリティとの戦略的提携発表を好感して急反発した。航空ルフトハンザ(+2.15%)も高い。
    仏CAC40は小反発し、同4.12ポイント(0.07%)高の5893.82と2007年7月24日以来の高値で引けた。40銘柄中、上昇は22銘柄、下落は17銘柄、1銘柄は変わらずであった。前日下落率2位の食品サービスのソデクソ(+2.02%)が2018年1月以来の高値を更新し、ソフトウェアサービスのダッソーシステムズ(+1.76%)は反発した。ソシエテ・ジェネラル(+1.30%)、クレディ・アグリコル(+1.10%)の銀行株も堅調。一方、ホテルチェーンのアコー(-2.82%)は、米シティグループの投資判断引き下げで急反落した。自動車ルノー(-1.24%)、小売カルフール(-1.22%)も軟調。
    (経済指標)                              (発表値)
    英7-9月期GDP・前期比                      +0.3%(4-6月期は-0.2%)
    英9月鉱工業生産・前月比                   -0.3%(8月は-0.7%)
    英9月貿易収支                             -125.41億ポンド(8月は-108.25億ポンド)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/11 17:34 <IGM>欧州株式寄り付き リスクオンの流れ一服し売り先行で始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き リスクオンの流れ一服し売り先行で始まる
    11日の欧州株式市場寄り付きは、英独仏いずれも売り先行で始まった。米中貿易協議進展期待は根強いものの、一方で依然として不透明感も払拭されておらず、このところのリスクオンの流れは一服。また、香港では抗議デモの長期化、過激化が見られ、本日発表された中国の10月卸売物価の弱い結果で、中国経済の減速懸念が強まり、中国株が下げ基調になったことも重荷になっている。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.37%安の7,331.80。現在は0.65%安の7,311.24近辺。指数構成全101銘柄中、8銘柄が値上がり、91銘柄が値下がり。2銘柄は変わらず。保険のプルデンシャル(-2.45%)が下落しているほか、金属市況安や中国経済の減速懸念で資源関連も売られ、アントファガスタ(-2.44%)やグレンコア(-2.06%)なども安い。ソシエテ・ジェネラルのアナリストが評価を引き下げた航空機エンジンのロールス・ロイス・ホールディングス(-2.29%)も下げている。一方、たばこのインペリアル・ブランズ(+0.86%)や医薬品のアストラゼネカ(+0.73%)、酒造のディアジオ(+0.32%)などはしっかり。
    独DAX指数は前日比0.44%安の13,170.18で寄り付き、現在は0.23%安の13,198.00近辺。指数構成全30銘柄中、8銘柄が値上がり、21銘柄は値下がり。1銘柄は変わらず。ノルトLBのアナリストが評価を引き下げた重電のシーメンス(-0.95%)やドイツ銀行(-0.93%)、半導体のインフィニオンテクノロジーズ(-0.90%)、バークレイズのアナリストが評価を引き下げた通信のドイツ・テレコム(-0.84%)などが売られている。一方、決済サービスのワイヤーカード(+1.03%)や医薬品のバイエル(+0.52%)、航空のルフトハンザ(+0.43%)などは買われている。
    仏CAC40指数は前日比0.27%安の5,873.74で寄り付き、現在は0.13%安の5,881.95近辺。指数構成全40銘柄中、18銘柄が値上がり、22銘柄が値下がり。鉄鋼のアルセロール・ミタル(-1.54%)や銀行のクレディ・アグリコル(-1.06%)、ホテルのアコー(-1.03%)などが下げている。一方、フードサービス等のソデクソ(+0.62%)やソフトウェアのダッソー・システムズ(+0.59%)、航空エンジンのサフラン(+0.55%)などは上げている。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/11 07:52 <IGM>欧州株式 6日ぶりに反落、米中貿易交渉への楽観論が後退
    <IGM>欧州株式 6日ぶりに反落、米中貿易交渉への楽観論が後退
    8日の欧州株式市場は、6日ぶりに反落した。トランプ米大統領が、中国と関税撤廃で合意していないと発言し、米中貿易交渉に対する楽観論が後退した。
    英FTSE100は6日ぶりに反落し、前日比47.03ポイント(0.63%)安の7359.38で引けた。101銘柄中、上昇は18銘柄、下落は81銘柄、2銘柄は変わらずであった。中国の需要が大きい鉱業株や、中国と事業面で関連が深い金融株や高級品株の下げが目立った。ネット専業スーパーのオカド・グループ(-7.14%)は直近3日間の下落率が13.5%に達したが、年初来の上昇率は依然として50%台と高い。鉄鋼エブラズ(-3.81%)は9月中旬からの弱気トレンドが止まらず、ヘルスケアのNMCヘルス(-3.74%)は急反落した。中国関連銘柄では、高級品バーバリー・グループ(-3.49%)、鉱業リオ・ティント(-2.92%)の下げが目立った。一方、ロンドン証券取引所(+2.34%)は8月中旬以来の安値から急反発し、ガス・電力セントリカ(+2.30%)も高く、デジタル情報収集・管理DCC(+1.52%)は2018年1月以来の高値をつけた。
    独DAX30も6日ぶりに反落し、同60.90ポイント(0.46%)安の13228.56で引けた。30銘柄中、上昇は12銘柄、下落は18銘柄であった。電子決済ワイヤーカード(-3.53%)は急反落した。保険アリアンツ(-2.71%)、半導体インフィニオン・テクノロジーズ(-2.45%)、ドイツ銀行(-2.21%)も大きく下げた。一方、医薬品メルク(+1.53%)は2017年6月以来の高値を更新し、電力RWE(+1.00%)も高い。
    仏CAC40も6日ぶりに反落し、同1.28ポイント(0.02%)安の5889.71で引けた。40銘柄中、上昇は15銘柄、下落は23銘柄、2銘柄は変わらずであった。銀行クレディアグリコル(-2.31%)が市場予測を下回る決算を嫌気して4月下旬以来の高値から急反落し、食品サービスのソデクソ(-1.51%)は7月下旬以来の水準から反落した。自動車ルノー(-1.48%)も安い。一方、ITサービスのアトス(+2.22%)は8月上旬以来の高値を更新し、酒造ペルノ・リカール(+1.61%)は反発に転じた。
    (経済指標)                              (発表値)
    独9月貿易収支                             +192億ユーロ(8月は+187億ユーロ)
    仏9月貿易収支                             -55.5億ユーロ(8月は-54.4億ユーロ)
    仏9月鉱工業生産・前月比                   +0.3%(8月は-0.9%)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/8 17:35 <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも反落して始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも反落して始まる
    8日の欧州株式市場寄り付きは、英独仏いずれも反落して始まった。7日の米中の段階的関税撤廃の報道で高まった米中貿易協議の進展期待だが、その後、米政権内では関税撤廃に強い反対意見もあると伝えられたこともあり、リスクオンの流れが止まった。8日の中国株も結局下げて引けており、時間外取引で米株価指数先物も軟調に推移しているなか、欧州株も売り先行となっている。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.39%安の7,377.41。現在は0.31%安の7,383.19近辺。指数構成全101銘柄中、18銘柄が値上がり、77銘柄が値下がり。6銘柄は変わらず。資源大手のアングロ・アメリカン(-2.82%)や航空のインターナショナル・エアラインズ・グループ(-2.72%)、鉄鋼のエブラズ(-1.74%)などが下げている。一方、たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコ(+0.70%)や信用調査のエクスペリアン(+0.63%)、ロンドン証券取引所(+0.47%)などはしっかり。
    独DAX指数は前日比0.31%安の13,248.62で寄り付き、現在は0.22%安の13,260.17近辺。指数構成全30銘柄中、16銘柄が値上がり、14銘柄は値下がり。半導体のインフィニオンテクノロジーズ(-2.05%)や保険のアリアンツ(-1.87%)、ハイデルベルクセメント(-1.32%)などが売られている。一方、電力のRWE(+1.50%)やエーオン(+1.20%)、工業ガスのリンデ(+0.74%)などは上げている。
    仏CAC40指数は前日比0.40%安の5,867.42で寄り付き、現在は0.39%安の5,868.10近辺。指数構成全40銘柄中、7銘柄が値上がり、33銘柄が値下がり。銀行のクレディ・アグリコル(-2.90%)や石油等プラントのテクニップFMC(-2.78%)、半導体のSTマイクロエレクトロニクス(-1.39%)などが下げている。一方、アイウェアメーカーのエシロールルックスオティカ(+0.85%)や航空宇宙・防衛関連のタレス(+0.53%)、酒造のペルノ・リカール(+0.49%)などは買われている。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/8 07:55 <IGM>欧州株式 5日続伸、通商政策に左右される独DAXの堅調目立つ
    <IGM>欧州株式 5日続伸、通商政策に左右される独DAXの堅調目立つ
    7日の欧州株式市場は、5日続伸した。米中が段階的な関税撤廃で合意したとの報道で、リスク選好の買いが入った。通商政策に左右されやすい独DAXの堅調さが目立った。英中銀のハト派寄りのスタンス表明にもかかわらず、英FTSEは伸び悩んだ。
    英FTSE100は5日続伸し、前日比9.76ポイント(0.13%)高の7406.41と9月30日以来の高値で引けた。101銘柄中、上昇は65銘柄、下落は36銘柄であった。保険RSAインシュアランス・グループ(+3.98%)は、増益決算と英ジェフリーズの目標株価引き上げで、8月初以来の高値を更新した。住宅建設パーシモン(+3.78%)は、下半期の売上増加見通しを示し、同業のバークリー・グループ(+1.58%)やバラット・ディベロップメンツ(+1.07%)のつれ高を誘った。ヘルスケアのNMCヘルス(+2.69%)、鉄鋼エブラズ(+2.58%)も高い。一方、保険ヒスコックス(-9.72%)は6日続落し、2017年9月以来の安値を更新した。米JPモルガン、スイスUBS、カナダRBCなどによる目標株価と投資判断の引き下げが相次ぎ、17.7%安と急落する場面があった。医薬品ヒクマ・ファーマシューティカルズ(-4.10%)は9月中旬以来の水準に急反落し、ネットスーパーのオカド・グループ(-3.72%)と鉱業フレスニロ(-3.12%)も大幅安となった。
    独DAX30も5日続伸し、同109.57ポイント(0.83%)高の13289.46と2018年1月29日以来の高値で引けた。30銘柄中、上昇は19銘柄、下落は11銘柄であった。航空ルフトハンザ(+6.84%)は、良好な決算内容、経費削減の方向性、客室乗務員組合のスト取り止め方針の発表などを好感し、6月中旬以来の高値を更新した。重電シーメンス(+4.89%)も四半期決算の利益増加で2018年8月以来の水準に急伸した。半導体インフィニオン・テクノロジーズ(+4.15%)、前日下落率トップのスポーツ用品アディダス(+3.08%)も大幅高を達成した。一方、ハイデルベルクセメント(-4.47%)は第4四半期に向けた悲観的な見通しが嫌気された。電力RWE(-3.71%)も大幅安。
    仏CAC40も5日続伸し、同24.25ポイント(0.41%)高の5890.99と2007年7月24日以来の高値で引けた。40銘柄中、上昇は25銘柄、下落は14銘柄、1銘柄は変わらずであった。鉄鋼アルセロールミタル(+6.72%)は前日の下落率トップから上昇率トップに転じ、食品サービスのソデクソ(+5.86%)は7月下旬以来の高値を更新した。2020年の売上増と安定した利益マージン見通しが好感された。銀行株はクレディアグリコル(+3.37%)、BNPパリバ(+2.95%)、ソシエテジェネラル(+2.85%)と、上昇率3-5位に並んだ。一方、ガス・電力エンジー(-4.43%)は、1-9月期決算が想定内にとどまり、9月中旬以来の安値を更新した。水・廃棄物処理ヴェオリア・エンバイロンメント(-1.77%)も軟調。
    (経済指標)                              (発表値)
    独9月鉱工業生産・前月比                   -0.6%(8月は+0.4%)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/7 17:37 <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも買い先行で始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも買い先行で始まる
    7日の欧州株式市場寄り付きは、英独仏いずれも買い先行で始まった。米中首脳会談が12月に延期されるとの報道で、米中貿易協議の進展期待がやや後退し、それまでのリスク選好的流れも調整モードとなっていたが、欧州株式市場のオープン直前に、米中両国は相互の製品に賦課している関税を段階的に撤回することで合意したとの報道を受けて、再び米中貿易協議の進展期待が強まり、時間外取引で米株価指数先物が上昇すると共に、欧州株も堅調に始まっている。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.21%高の7,411.95。現在は0.38%高の7,424.67近辺。指数構成全101銘柄中、88銘柄が値上がり、13銘柄が値下がり。上半期の堅調な業績で自動車売買ウェブサイトのオート・トレーダー・グループ(+6.60%)が上昇しているほか、グレンコア(+2.45%)やアングロ・アメリカン(+2.03%)など資源関連や鉄鋼のエブラズ(+1.92%)なども高い。一方、JPモルガンやインベステックのアナリストが評価を引き下げた保険のヒスコックス(-3.67%)は下落している。たばこのインペリアル・ブランズ(-1.18%)や石油のBP(-0.84%)なども下げている
    独DAX指数は前日比0.59%高の13,258.26で寄り付き、現在は0.55%高の13,252.78近辺。指数構成全30銘柄中、21銘柄が値上がり、9銘柄は値下がり。航空のルフトハンザ(+4.09%)や重電のシーメンス(+3.53%)、ポリマー等素材のコベストロ(+2.32%)などが上げている。一方、減配報道で通信のドイツ・テレコム(-2.45%)が売られているほか、ハイデルベルクセメント(-1.53%)や電力のRWE(-1.00%)なども安い。
    仏CAC40指数は前日比0.38%高の5,888.84で寄り付き、現在は0.24%高の5,880.69近辺。指数構成全40銘柄中、28銘柄が値上がり、12銘柄が値下がり。共に業績が市場予想を上回った鉄鋼のアルセロール・ミタル(+7.79%)、フードサービス等のソデクソ(+5.36%)が買われているほか、タイヤのミシュラン(+2.55%)も上げている。一方、電力・ガスのエンジー(-2.65%)や電気機器のルグラン(-1.24%)、酒造のペルノ・リカール(-1.00%)などは売られている。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/7 08:32 <IGM>欧州株式 4日続伸 独は2018年1月、仏は2007年7月以来の高値
    <IGM>欧州株式 4日続伸 独は2018年1月、仏は2007年7月以来の高値
    6日の欧州株式市場は、4日続伸した。米中貿易交渉の続報待ちで動きは鈍かったが、英は時価総額の大きい銘柄が買われた。消費関連銘柄が買われた独は2018年1月、銀行株が堅調に推移した仏は2007年7月以来の高値を更新した。
    英FTSE100は4日続伸し、前日比8.57ポイント(0.12%)高の7396.65と9月30日以来の高値で引けた。101銘柄中、上昇は55銘柄、下落は46銘柄であった。タバコのインペリアル・ブランズ(+2.39%)は、米シティグループの目標株価引き下げにもかかわらず、年初来安値を更新した10月末からの買い戻しが続いた。ガス・電力セントリカ(+2.20%)も高く、前日上昇率トップのアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(+2.02%)は、大幅続伸で8月初以来の高値をつけた。時価総額が大きいブリティッシュ・アメリカン・タバコ(+1.83%)と日用品ユニリーバ(+1.82%)の堅調も、指数押し上げに寄与した。一方、通信BTグループ(-4.67%)は大幅に続落した。ケーブルテレビのヴァージン・メディアが、モバイルネットワークのパートナーを2021年終盤にボーダフォンへ切り替えると発表したことが嫌気された。JDスポーツ・ファッション(-2.34%)も大きく売られ、保険ヒスコックス(-2.25%)は5日続落で2018年2月以来の安値を更新した。
    独DAX30は4日続伸し、同31.39ポイント(0.24%)高の13179.89と2018年1月31日以来の高値で引けた。30銘柄中、上昇は21銘柄、下落は9銘柄であった。航空機エンジンのMTUエアロエンジン(+2.00%)は大幅高となったが、9月上旬に年初来の上昇率が60%弱に達してからの伸び悩みが目立つ。消費財ヘンケル(+1.94%)は1月中旬以降初めて2018年末の水準を上回った。日用品バイヤースドルフ(+1.85%)も高い。一方、スポーツ用品アディダス(-5.35%)は、四半期決算で靴、中国、ネット通販の売上が伸び悩み、8月下旬以来の水準に急落した。自動車ダイムラー(-1.33%)は、英HSBCの投資判断引き下げで売られた。前日上昇率トップの電子決済ワイヤーカード(-1.18%)は、利益確定売りで反落した。
    仏CAC40は4日続伸し、同19.85ポイント(0.34%)高の5866.74と2007年7月24日以来の高値で引けた。40銘柄中、上昇は24銘柄、下落は16銘柄であった。銀行ソシエテ・ジェネラル(+3.41%)は、四半期決算の利益減よりも自己資本比率の上昇が好感されて、5月上旬以降初めて年初来プラス圏を回復した。航空宇宙・防衛サフラン(+2.56%)は、クレディスイスの目標株価・投資判断引き上げで年初来高値を更新した。銀行BNPパリバ(+1.57%)は2018年10月上旬以来の高値を更新した。一方、鉄鋼アルセロールミタル(-2.52%)は3日続伸後の利益確定売りで急反落し、油田開発テクニップ(-2.20%)は英バークレイズの目標株価引き下げで大きく下げた。
    (経済指標)                              (発表値)
    独10月サービス業景気指数                  51.6(9月は51.4)
    独9月製造業受注・前月比                   +1.3%(8月は-0.4%)
    仏10月サービス業景気指数                  52.9(9月は51.1)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/6 17:35 <IGM>欧州株式寄り付き 英は下落、独仏は小じっかりに始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英は下落、独仏は小じっかりに始まる
    6日の欧州株式市場寄り付きは、英は下落、独仏は小じっかりに始まった。米中貿易協議の進展期待の高まりなどを背景とするリスク選好的地合いが引き続き下支えとなっているが、前日までの相場続伸で高値警戒感も生じており、利食い売りの動きも目立っている。本日の上海株が下落したことや、時間外取引で米株価指数先物も弱含みに推移していることも重荷。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.17%安の7,375.40。現在は0.11%安の7,379.96近辺。指数構成全101銘柄中、44銘柄が値上がり、56銘柄が値下がり。1銘柄は変わらず。金市況安で金・銀のフレスニーヨ(-1.02%)が売られているほか、医薬品のグラクソ・スミスクライン(-1.01%)や不動産のセグロ(-0.98%)なども安い。一方、たばこのインペリアル・ブランズ(+1.67%)や小売りのキングフィッシャー(+1.06%)、銀行のロイヤルバンク・オブ・スコットランド(+0.97%)などは上げている。
    独DAX指数は前日比0.02%高の13,150.94で寄り付き、現在は0.00%高の13,147.89近辺。指数構成全30銘柄中、16銘柄が値上がり、13銘柄は値下がり。1銘柄は変わらず。ドイツ銀行(+1.56%)や第3四半期利益が市場予想を上回ったスポーツ用品のアディダス(+0.94)、航空用エンジンのMTUエアロ・エンジンズ(+0.60%)などが上げている。一方、HSBCやコメルツ銀行が評価を引き下げた自動車のダイムラー(-1.78%)が売られているほか、同業のBMW(-1.10%)や決済サービスのワイヤーカード(-1.06%)なども下げている。
    仏CAC40指数は前日比0.01%高の5,847.61で寄り付き、現在は0.04%高の5,849.08近辺。指数構成全40銘柄中、17銘柄が値上がり、20銘柄が値下がり。3銘柄は変わらず。ソシエテ・ジェネラル(+3.82%)やBNPパリバ(+1.87%)、クレディ・アグリコル(+1.28%)など金融株の上昇が目立つ。一方、広告のピュブリシス(-0.55%)や建設のバンシ(-0.54%)、航空機製造のエアバス(-0.54%)などは安い。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/6 07:55 <IGM>欧州株式 3日続伸、米中貿易摩擦問題収束への期待感増幅で
    <IGM>欧州株式 3日続伸、米中貿易摩擦問題収束への期待感増幅で
    5日の欧州株式市場は、英独仏がいずれも3日続伸した。米中貿易摩擦問題が収束に向かっているとの楽観論が増幅し、鉱業株や資源株が買われた。独は2018年5月、仏は2007年10月以来の高値を連日更新した。
    英FTSE100は3日続伸し、前日比18.39ポイント(0.25%)高の7388.08と9月30日以来の高値で引けた。101銘柄中、上昇は62銘柄、下落は39銘柄であった。衣料・食品のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(+5.56%)は8月上旬以来の水準に急反発した。衣料品の好調が通期利益を押し上げた。航空機エンジンのロールスロイス(+4.46%)は大幅に3日続伸し、資産運用シュローダー(+4.26%)は2018年6月以来の高値を更新した。鉱業アントファガスタ(+3.36%)と同グレンコア(+2.76%)も高く、グレンコアは3日間の上昇率が11.4%に達した。時価総額1位のロイヤル・ダッチ・シェル(+0.96%)と同3位のBP(+1.04%)の石油株が原油高で上昇したことも、指数を押し上げた。一方、産業用ソフトウェアのアヴィヴァ・グループ(-2.73%)は、年初来上昇率が前日75%を超えたことで、利益確定売りが持ち込まれた。保険M&G(-2.55%)も安く、上下水道ユナイテッド・ユーティリティーズ(-2.18%)は、米モルガンスタンレーの目標株価引き上げにもかかわらず、3日続落した。
    独DAX30は3日続伸し、同12.22ポイント(0.09%)高の13148.50と2018年5月22日以来の高値を連日更新して引けた。30銘柄中、上昇は17銘柄、下落は10銘柄、3銘柄は変わらずであった。中国市場への参入を発表した電子決済ワイヤーカード(+3.03%)は大幅に続伸し、タイヤのコンチネンタル(+2.13%)は7月下旬以来の高値を更新した。半導体インフィニオン・テクノロジーズ(+1.74%)と自動車BMW(+1.68%)は大幅に続伸した。一方、電力RWE(-2.73%)は大幅続落で9月中旬以来の安値を更新し、不動産ヴォノヴィア(-2.44%)も大幅安となった。
    仏CAC40は3日続伸し、同22.59ポイント(0.39%)高の5846.89と2007年10月31日以来の高値を連日更新して引けた。40銘柄中、上昇は24銘柄、下落は16銘柄であった。小売カルフール(+2.72%)は9月末以来の水準に大きく続伸し、鉄鋼アルセロールミタル(+2.21%)は直近3日間の上昇率が12.6%に達した。広告ピュブリシス(1.71%)は3日続伸したが、今年2度目の売上目標の下方修正による10月11日の急落の半分を取り戻したに過ぎない。一方、水・廃棄物処理ヴェオリア・エンバイロンメント(-1.20%)は連日の下落率トップとなり、ガス・電力エンジー(-1.18%)は年初来上昇率が20%台に低下した。
    (経済指標)                              (発表値)
    英10月サービス業景気指数                  50.0(9月は49.5)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/5 17:36 <IGM>欧州株式寄り付き 英仏は小じっかり、独は小甘く始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英仏は小じっかり、独は小甘く始まる
    5日の欧州株式市場寄り付きは、英仏は小じっかり、ドルは小甘く始まった。10月米雇用統計の発表後に米国経済の減速懸念が緩和したことや、米中貿易協議の進展期待などで4日に最高値を更新した米株式相場は、その後、時間外取引直近でも堅調に推移しており、また、5日の中国や日本の株式相場も上昇したことが、欧州株にも下支えになっているが、上値では利食い売りも目立ち、売り買い交錯もみ合いとなっている。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.12%高の7,378.52。現在は0.02%高の7,371.40近辺。指数構成全101銘柄中、37銘柄が値上がり、63銘柄が値下がり。1銘柄は変わらず。1日に10月の英製造業PMIが市場予想を上回ったこともあり、本日発表予定の10月英非製造業PMIも注目されている。利益が市場予想を上回り、見通しも改善した衣料小売・食品のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(+3.56%)買われているほか、銅市況高などでアントファガスタ(+1.60%)やグレンコア(+1.59%)、アングロ・アメリカン(+1.06%)など資源関連も上昇している。一方、害虫駆除のレントキル・イニシャル(-1.63%)やネット専業スーパーのオカド・グループ(-1.26%)、ロンドン証券取引所(-0.85%)などは下げている。
    独DAX指数は前日比0.01%安の13,134.33で寄り付き、現在は0.02%安の13,133.80近辺。指数構成全30銘柄中、15銘柄が値上がり、14銘柄は値下がり。1銘柄は変わらず。スポーツ用品のアディダス(-1.21%)や不動産のヴォノヴィア(-1.11%)、航空用エンジンのMTUエアロ・エンジンズ(-1.09%)などが下げている。一方、自動車のBMW(+1.47%)やタイヤのコンチネンタル(+1.03%)、半導体のインフィニオンテクノロジーズ(+1.00%)などは買われている。
    仏CAC40指数は前日比0.02%高の5,825.60で寄り付き、現在は0.01%高の5,824.66近辺。指数構成全40銘柄中、19銘柄が値上がり、21銘柄が値下がり。スーパーのカルフール(+2.07%)や石油のトタル(+1.35%)、タイヤのミシュラン(+0.96%)などが上昇している。一方、医薬品のサノフィ(-1.10%)や建設のバンシ(-0.86%)、通信のオランジュ(-0.87%)などは安い。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/5 08:00 <IGM>欧州株式 続伸、米中交渉進展への期待感や米自動車関税先送りの見方で
    <IGM>欧州株式 続伸、米中交渉進展への期待感や米自動車関税先送りの見方で
    4日の欧州株式市場は、英独仏がいずれも続伸した。米中貿易交渉進展への期待感が増幅したことや、米国が今月中旬の輸入自動車への追加関税決定を先送りするとの見方が追い風となり、独仏は年初来高値を更新した。
    英FTSE100は続伸し、前週末比67.27ポイント(0.92%)高の7369.69と9月30日以来の高値で引けた。101銘柄中、上昇は71銘柄、下落は30銘柄であった。ヘルスケアのNMCヘルス(+5.66%)が大幅に続伸し、鉱業グレンコア(+4.67%)は連日の上昇率2位で9月中旬以来の高値を更新した。梱包材スマーフィット・カッパ(+4.63%)は2018年9月以来の水準に大幅続伸し、前日上昇率トップの鉱業リオ・ティント(+3.02%)は9月中旬以来の水準に続伸した。一方、オンライン賭博のフラッター・エンターテインメント(-3.39%)は2018年7月以来の高値圏で急反落した。英議会がオンライン賭博の規制強化を求めていることが嫌気された。保険ヒスコックス(-2.37%)は、予想を下回る第3四半期決算で2月上旬以来の安値を更新した。
    独DAX30は大幅に続伸し、同175.23ポイント(1.35%)高の13136.28と2018年5月22日以来の高値で引けた。30銘柄中、上昇は26銘柄、下落は4銘柄であった。米中貿易交渉を巡る楽観論が増幅したため、通商政策の影響を受けやすい輸出関連株が堅調に推移した。タイヤのコンチネンタル(+3.93%)は、連日の大幅高で年初来プラス圏に転じた。ドイツ銀行(+3.71%)、電子決済ワイヤーカード(+3.53%)、半導体インフィニオン・テクノロジーズ(+3.16%)、自動車BMW(+3.11%)も大幅高となった。一方、ドイツ取引所(-1.90%)は9月中旬以来の安値を更新し、電力RWE(-0.94%)も安い。
    仏CAC40は大幅に続伸し、同62.41ポイント(1.08%)高の5824.30と2007年10月31日以来の高値を3営業日ぶりに更新して引けた。40銘柄中、上昇は32銘柄、下落は8銘柄であった。油田開発テクニップ(+4.31%)は、10月末に年初来マイナス圏への転落を回避した後の買い戻しで大幅に続伸し、鉄鋼アルセロールミタル(+3.92%)は直近2日間の上昇率が10%を超えた。自動車プジョー(+3.38%)は、伊フィアットとの合併が12月初にも最終合意に達するとの報道が好感された。一方、水・廃棄物処理ヴェオリア・エンバイロンメント(-0.77%)は年初来の上昇率が30%割れとなり、電気・メディア・建設ブイグ(-0.65%)は反落した。
    1日の英FTSE100は反発し、前日比54.04ポイント(0.75%)高の7302.42で引けた。独DAX30は4日ぶりに反発し、同94.26ポイント(0.73%)高の12961.05と2018年6月15日以来の高値で引けた。仏CAC40は反発し、同32.03ポイント(0.56%)高の5761.89で引けた。
    (経済指標)                              (発表値)
    英10月建設業景気指数                      44.2(9月は43.3)
    独10月製造業景気指数                      42.1(9月は41.7)
    仏10月製造業景気指数                      50.7(9月は50.1)
    (1日)
    英10月製造業景気指数                      49.6(9月は48.3)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/11/1 17:37 <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも上昇して始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英独仏いずれも上昇して始まる
    1日の欧州株式市場寄り付きは、英独仏いずれも上昇して始まった。31日に発表された複数の米経済指標の低調な結果や米中貿易協議の先行き不透明感などで同日の米株式相場は下落したが、1日に発表された中国の10月財新製造業PMIの良好な結果と中国株高などが下支えになっている。時間外取引で米株価指数先物も上昇しており、欧州株も底堅く推移している。もっとも本日は10月の米雇用統計や米ISM製造業PMIなど注目指標が発表されるため、その結果待ちの向きも多い。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.25%高の7,266.46。現在は0.34%高の7,272.78近辺。指数構成全101銘柄中、88銘柄が値上がり、11銘柄が値下がり。2銘柄は変わらず。投資会社のメルローズ・インダストリーズ(+1.55%)やオンライン賭博のフラッター・エンターテインメント(+1.11%)、害虫駆除のレントキル・イニシャル(+0.97%)などが上昇している。一方、ショーキャピタルのアナリストが評価を引き下げた不動産ウェブサイトのライトムーブ(-1.27%)が売られているほか、自動車売買ウェブサイトのオート・トレーダー・グループ(-1.03%)や銀行のバークレイズ(-1.00%)なども下げている。
    独DAX指数は前日比0.35%高の12,912.09で寄り付き、現在は0.41%高の12,920.06近辺。指数構成全30銘柄中、27銘柄が値上がり、3銘柄は値下がり。シティグループのアナリストが評価を引き上げたタイヤのコンチネンタル(+1.62%)が買われているほか、航空用エンジンのMTUエアロ・エンジンズ(+1.38%)や医薬品のメルク(+0.98%)なども高い。一方、ドイツ銀行(-0.60%)や電力のエーオン(-0.38%)、医薬・農薬のバイエル(-0.16%)などは下げている。
    仏CAC40指数は前日比0.34%高の5,749.48で寄り付き、現在は0.50%高の5,758.51近辺。指数構成全40銘柄中、36銘柄が値上がり、4銘柄が値下がり。鉄鋼のアルセロール・ミタル(+2.40%)やガラスのサンゴバン(+1.11%)、ファッション・アパレルのLVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(+1.06%)などが上昇している。一方、ITサービスのアトス(-0.78%)や医薬品のサノフィ(-0.42%)、スーパーのカルフール(-0.20%)などは下げている。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/11/1 07:53 <IGM>欧州株式 英独仏全て下落、米中貿易交渉を巡る懸念の再燃で
    <IGM>欧州株式 英独仏全て下落、米中貿易交渉を巡る懸念の再燃で
    31日の欧州株式市場は、英独仏が全て下落した。米中貿易交渉進展への期待感が曇り、通商政策の影響を受けやすい自動車株や鉱業株が売られた。原油安で石油株が下げた英の軟調さが目立った。
    英FTSE100は急反落し、前日比82.40ポイント(1.12%)安の7248.38で引けた。時価総額が大きい石油株の急落が響いた。101銘柄中、上昇は30銘柄、下落は66銘柄、5銘柄は変わらずであった。時価総額首位の石油ロイヤル・ダッチ・シェル(-4.12%)は、マクロ経済の不透明さで250億ドルの自社株買いの計画が遅れる可能性を指摘したため急落し、年初来の騰落率は-2.8%とマイナスに転じた。時価総額3位の石油BP(-2.26%)も原油安で急反落し、年初の水準を下回った。医療機器スミス・アンド・ネフュー(-3.64%)は、7-9月期の増収発表にもかかわらず、6月上旬以来の水準に急落した。タバコのインペリアル・ブランズ(-3.33%)と鉄鋼エブラズ(-3.06%)も3%超の大幅安となった。一方、鉱業フレスニロ(+2.63%)は金相場の上昇が追い風となり、オンライン賭博フラッター・エンターテインメント(+2.42%)も堅調。航空インターナショナル・エアラインズ・グループ(+2.19%)は、パイロットのストにもかかわらず、7-9月期営業利益が市場予測に届いたことが好感され、5月上旬以来の水準を回復した。
    独DAX30は3日続落し、同43.44ポイント(0.34%)安の12866.79で引けた。30銘柄中、上昇は10銘柄、下落は20銘柄であった。米中貿易交渉を巡る懸念が浮上したため、通商政策の影響を受けやすい輸出関連株の軟調が目立った。半導体インフィニオン・テクノロジーズ(-2.64%)は、7月下旬以降、年初来プラスの領域を数日間維持しただけでマイナス圏に転落する流れが続いており、この日の急落で2018年末の水準近くまで下落した。ドイツ銀行(-2.24%)、自動車フォルクスワーゲン(-2.22%)、ドイツ取引所(-1.35%)、自動車ダイムラー(-1.30%)も軟調。一方、化学バイエル(+3.42%)は大幅に続伸し、3月中旬以来の高値を更新した。電力エーオン(+1.44%)は英ジェフリーズの投資判断/目標株価引き上げで買われた。
    仏CAC40は6日ぶりに反落し、同36.01ポイント(0.63%)安の5729.86で引けた。40銘柄中、上昇は13銘柄、下落は27銘柄であった。自動車プジョー(-12.86%)は、伊フィアットと対等合併に向けた作業を進めることで合意し、実質的に30%強のプレミアムを支払う必要がある点が嫌気された。同業ルノー(-3.49%)は年初来安値を更新し、鉄鋼アルセロールミタル(-3.44%)は大幅に3日続落した。一方、水・廃棄物処理ヴェオリア・エンバイロンメント(+1.68%)は年初来の上昇率が30%を突破した。ガスサービスのエア・リキード(+1.62%)は、マレーシアの事業基盤の拡大・強化で、年初来の上昇率が20%を突破した。
    (経済指標)                              (発表値)
    仏10月消費者物価指数速報値・前年比        +0.9%(9月は+1.1%)
    ユーロ圏10月消費者物価指数速報値・前年比  +0.7%(9月は+0.8%)
    ユーロ圏7-9月期GDP速報値・前期比          +0.2%(4-6月期は+0.2%)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/10/31 17:36 <IGM>欧州株式寄り付き 英は下落、独仏は上昇して始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英は下落、独仏は上昇して始まる
    31日の欧州株式市場寄り付きは、英は下落し独仏は上昇して始まった。30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では市場予想通りに0.25%の追加利下げが決定すると共に、声明では利下げ停止を示唆したものの、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派的発言で米株式相場は上昇、その後の時間外取引で米株価指数先物も上昇しており、欧州株にも下支えになっている。一方、この日発表された中国の10月の製造業・非製造業PMIが市場予想を下回るなど低調な結果で、上海株が続落したことなどが上値抑制要因となっている。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.15%安の7,320.11。現在は0.46%安の7,297.12近辺。指数構成全101銘柄中、43銘柄が値上がり、57銘柄が値下がり。1銘柄は変わらず。銀行のロイズ・バンキング・グループ(-2.74%)や7-9月期利益が市場予想を下回った航空のインターナショナル・エアラインズ・グループ(-2.39%)、不動産のバークレー・グループ(-2.31%)などが下げている。一方、投資信託のスコティッシュ・モーゲージ・インベストメント・トラスト(+1.59%)や貴金属のポリメタル・インターナショナル(+1.29%)、保険のアビバ(+1.15%)などは上げている。
    独DAX指数は前日比0.21%高の12,937.59で寄り付き、現在は0.09%高の12,921.71近辺。指数構成全30銘柄中、13銘柄が値上がり、16銘柄は値下がり。1銘柄は変わらず。医薬・農薬のバイエル(+2.11%)や電力のエーオン(+2.09%)、決済サービスのワイヤーカード(+0.88%)などが上げている。一方、ドイツ銀行(-2.38%)は続落。ポリマー等素材のコベストロ(-1.43%)や自動車のフォルクスワーゲン(-1.31%)なども安い。
    仏CAC40指数は前日比0.08%高の5,770.26で寄り付き、現在は0.02%安の5,764.78近辺。指数構成全40銘柄中、21銘柄が値上がり、19銘柄が値下がり。フィアット・クライスラーとの合併報道で昨日買われた自動車のグループPSA(-9.02%)は反落。自動車のルノー(-2.74%)や鉄鋼のアルセロール・ミタル(-2.42%)なども安い。一方、7-9月期利益が市場予想を上回った化粧品のロレアル(+1.06%)は上昇。アイウェアメーカーのエシロールルックスオティカ(+1.00%)やファッション・アパレルのLVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(+0.88%)なども上げている。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]
  • 2019/10/31 07:57 <IGM>欧州株式 仏は2007年10月以来の高値、英は反発し独は続落
    <IGM>欧州株式 仏は2007年10月以来の高値、英は反発し独は続落
    30日の欧州株式市場は、英が反発、独が続落、仏が続伸で2007年10月以来の高値を更新するまちまちの展開になった。米金融政策発表待ちのムードのなかで、英は製薬株、仏はロレアルと自動車株の堅調が追い風になった。
    英FTSE100は反発し、前日比24.52ポイント(0.34%)高の7330.78で引けた。時価総額が大きい製薬株の上昇が、鉱業株や小売株の下落の影響を相殺したが、7300台前半の引けは5日連続となった。101銘柄中、上昇は53銘柄、下落は47銘柄、1銘柄は変わらずであった。日用品レキット・ベンキーザー(+3.20%)は、ほぼ2週間ぶりに年初来の上昇率がプラスを回復した。製薬アストラゼネカ(+2.61%)は最高値を更新した。欧州市場における統合失語症薬の権利売却が好感された。銀行スタンダード・チャータード(+2.56%)は7-9月期利益が予想を上回り、7月下旬以来の高値を更新した。認証インターテック・グループ(+2.54%)は、独ダイムラーからクラスAの評価を受けたことが好感された。製薬グラクソスミスクライン(+2.43%)は、帯状疱疹ワクチンの売り上げ好調で通期利益見通しを上方修正し、年初来高値を更新した。一方、ヘルスケアのNMCヘルス(-7.93%)は、2020年の大幅な売り上げ増加見通しで買いが先行したが、利益確定売りの加速で急落し、年初来の下落率は20%を超えた。レジャー・外食ウィットブレッド(-4.84%)は、米バンカメ・メリルリンチの目標株価引き下げで8日につけた年初来安値に接近した。鉱業アントファガスタ(-3.50%)も大幅安となり、小売キングフィッシャー(-3.34%)は年初来でマイナスに転じた。小売ネクスト(-2.86%)は高温で9月の売上高が予想を下回ったが、年初来上昇率が66%台と高止まりしている。
    独DAX30は続落し、同29.39ポイント(0.23%)安の12910.23で引けた。30銘柄中、上昇は15銘柄、下落は14銘柄、1銘柄は変わらずであった。ドイツ銀行(-7.93%)は世界的な事業再編で7-9月期最終損益が8.3億ユーロの赤字となり、半月ぶりに年初来マイナスに転落した。タイヤのコンチネンタル(-4.02%)は週初の3ヶ月来高値から大幅に続落し、素材コベストロ(-3.12%)は、英バークレイズの目標株価引き下げで3日続落し、年初来の上昇率が0%台に低下した。一方、透析器フレゼニウス・メディカル・ケア(+3.61%)は、米JPモルガンの目標株価引き上げで連日の上昇率トップとなり、7月下旬以来の高値を更新した。化学バイエル(+2.05%)は7-9月期の増益が好感された。
    仏CAC40は5日続伸し、同25.73ポイント(0.45%)高の5765.87と2007年10月31日以来の高値を更新した。40銘柄中、上昇は16銘柄、下落は24銘柄であった。化粧品ロレアル(+7.56%)は年初来上昇率が30%を突破した。中国を始めとするアジアの需要増で7-9月期の売り上げ増を達成し、米シティグループやドイツ銀行などの目標株価引き上げが相次いだ。自動車プジョー(+4.56%)はフィアット・クライスラーによる買収協議の継続が確認され、年初来上昇率が40%に迫った。航空機エアバス(+3.36%)は決算発表後の売りが反転し、年初来上昇率は54%台に達した。一方、自動車ルノー(-4.02%)はプジョーとは好対照に年初来安値を更新した。タイヤのミシュランと鉄鋼アルセロールミタルはともに3.48%の大幅安となった。
    (経済指標)                            (発表値)
    独10月消費者物価指数速報値・前年比      +0.9%(9月は+0.9%)
    独10月失業者数・前月比                  +6000人(9月は-9000人)
    仏9月消費支出・前月比                   -0.4%(8月は+0.1%)
    ユーロ圏10月総合景況指数                100.8(9月は101.7)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]
  • 2019/10/30 17:35 <IGM>欧州株式寄り付き 英独は弱含み、仏は上昇して始まる
    <IGM>欧州株式寄り付き 英独は弱含み、仏は上昇して始まる
    30日の欧州株式市場寄り付きは、英独は弱含み、仏は上昇して始まった。米中貿易協議を巡る第一段階の合意文書署名が、期待されていた時期より遅れる可能性があるとの報道などで、このところのリスク選好的流れが一服し、また、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表やパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見を控えてやや慎重ムード。
    英FTSE指数は取引開始から約1分後で0.20%安の7,291.65。現在は0.08%安の7,300.30近辺。指数構成全101銘柄中、37銘柄が値上がり、59銘柄が値下がり。5銘柄は変わらず。7-9月期収益が市場予想を上回った銀行のスタンダードチャータード(+2.30%)が買われているほか、同様に良好な業績を背景に紙製品・梱包材のスマーフィット・カッパ・グループ(+2.99%)も高い。建機・産業機器レンタルのアシュテッド・グループ(+0.86%)もしっかり。一方、衣料小売りのネクスト(-1.69%)や鉱業のアングロ・アメリカン(-0.90%)、投資信託のスコティッシュ・モーゲージ・インベストメント・トラスト(-0.88%)などは安い。
    独DAX指数は前日比0.08%安の12,929.42で寄り付き、現在は0.01%高の12,940.34近辺。指数構成全30銘柄中、13銘柄が値上がり、17銘柄は値下がり。医薬・農薬のバイエル(+2.91%)や透析器のフレゼニウス・メディカル・ケア(+1.63%)、航空のルフトハンザ(+1.47%)などが上昇している。一方、7-9月期が2四半期連続で赤字となったドイツ銀行(-4.52%)が大幅安。スポーツ用品のアディダス(-0.83%)や工業ガスのリンデ(-0.83%)なども下げている。
    仏CAC40指数は前日比0.17%高の5,749.69で寄り付き、現在は0.19%高の5,751.25近辺。指数構成全40銘柄中、14銘柄が値上がり、25銘柄が値下がり。1銘柄は変わらず。フィアット・クライスラーとPSAが合併巡り協議中との報道で、自動車のグループPSA(+7.58%)が大幅高。化粧品のロレアル(+5.93%)やアイウェアメーカーのエシロールルックスオティカ(+1.08%)なども買われている。一方、自動車のルノー(-4.02%)は大幅安。航空機製造のエアバス(-1.94%)やITサービスのアトス(-1.91%)なども安い。

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]

・NQN=日経QUICKニュース
・IGM=インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス

情報提供: 株式会社野村総合研究所、株式会社QUICK 本コンテンツに関する利用に関する注意事項・免責事項はこちらをご覧ください。